2007年11月09日

深キョンとクドカンがタッグ

深キョンとクドカンがタッグ
11月9日9時41分配信 日刊スポーツ

 アイドル女優ながらコメディーを得意とする深田恭子(25)が初めて脚本家宮藤官九郎(37)とタッグを組み、笑撃度をアップする。

 深田がクドカン作品に初出演するのはテレビ朝日金曜ナイトドラマ未来講師めぐる」(来年1月11日スタート、金曜午後11時15分)で実現することが8日、分かった。
 金曜ナイトは「特命係長・只野仁」「時効警察」などユニークな高視聴率ドラマを生んだが、深キョン・クドカンコンビによる今回は新感覚SFドラマ。深田演じる進学塾の英語講師めぐるは24歳の誕生日をきっかけに超能力を身につける。その超能力というのが、満腹になると20年後が見えるというもの。恋人(勝地涼)と焼き肉を食べ、満腹になってトイレから戻ってきたら、そこには小太りの中年男(田口浩正)が…。超能力で20年後の恋人の姿が見えていた。おかしな能力を駆使しながら仕事、恋に奮闘するコメディーだ。
 「富豪刑事」でコメディエンヌぶりを実証済みの深田は「クドカンさんの作品が大好きだったので、クドカンワールドで思いっきりお芝居ができたらいいなぁ、と思います」とやる気十分。宮藤も「連ドラで女の子が主人公の話は初めて。昔、月曜ドラマランドとかでやっていた『そんなバカな!』みたいな話が大好きだったので、そういう話を作りたかった。深田さん演じる女の子が人の未来が見えて、苦悩する姿が面白くなればと思います」。
 共演は船越英一郎、地井武男、黒川智花ら。仕掛け人の中込卓也プロデューサーも「独特の世界観を持ったおふたり。その融合がどんな爆発をみせるか楽しみです」。

最終更新:11月9日9時41分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000027-nks-ent

深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )
代表作はドラマ『神様、もう少しだけ』、『富豪刑事』、映画『下妻物語』など。
。第21回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞をきっかけに芸能界入り。ドラマ『神様、もう少しだけ』でブレイク。
2004年、映画『下妻物語』においてロリータ少女・桃子役を演じ、秋吉久美子、小泉今日子と並び最年少受賞となった、第59回毎日映画コンクール主演女優賞ほか複数の賞を受賞。
2005年主演の筒井康隆原作のドラマ、『富豪刑事』神戸美和子役は当たり役となり、続く2006年の『富豪刑事デラックス』は初のシリーズ作品となる深田恭子 - Wikipedia

宮藤 官九郎(くどう かんくろう1970年7月19日 - )俳優、脚本家、作詞家、放送作家。宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)出身
幼少時から文才を発揮し、作文コンクールなどでいくつもの賞を受賞する
松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属。その後、テレビバラエティ番組の構成作家の活動も行う。

『木更津キャッツアイ』や、『タイガー&ドラゴン』などの脚本家として有名であるが、その幅広い活動が評価され、2003年度第41回ゴールデン・アロー賞特別賞を受賞する。

2005年にしりあがり寿の漫画の映画化『真夜中の弥次さん喜多さん』で映画監督デビューした。中学時代は河合その子と斉藤由貴のファン。2006年にはその斉藤由貴を主演に起用した『吾輩は主婦である』ではじめて昼ドラマの脚本を書き下ろし
宮藤官九郎 - Wikipedia

金曜ナイトドラマって??


posted by ぴかまま at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。