2007年11月10日

離婚準備?羽野晶紀が事務所を移籍

離婚準備?羽野晶紀が事務所を移籍11月10日10時41分配信 デイリースポーツ


 狂言師・和泉元彌(33)と離婚騒動の渦中にある元女優の羽野晶紀(39)が、新たに大手芸能事務所に所属していたことが9日、分かった。離婚に向けた準備とみられる。
 
羽野が所属する事務所は沢口靖子(42)、長澤まさみ(20)ら人気女優が多数在籍。女優として再出発を図るには、うってつけの事務所といえる。俳優の古田新太が司会を務めるバラエティー番組「ホレゆけ!スタア大作戦」(BS日テレ)へのゲスト出演が決まっているほか、ドラマ出演などのオファーも来ているという。
 プライベートでも、子供の幼稚園から近い場所にマンションを借りて、新しい生活をスタートさせている羽野。もはや離婚は秒読みの状態だ。
最終更新:11月10日10時41分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000019-dal-ent

元彌一家で映画観賞…別居報道後初!そろって公の場へ晶紀夫人が完全別居、元彌と離婚へ着々
和泉元彌、離婚をきっぱりと否定
元彌離婚か晶紀夫人が家出る9月11日


羽野 晶紀(はのあき1968年8月22日 - )
笑福亭鶴瓶が司会を務めた関西ローカル番組「9年9組鶴瓶学級」に出演し芸能界デビュー。その後大学に進学。
大学在学中に朝日放送の関西ローカルテレビ番組"ナイトinナイト『おっちゃんVSギャル』"に女子大生レギュラー回答者として出演。特異なキャラクターで、司会の桂三枝の格好のイジラレキャラクター『八百屋の娘』として笑いと注目を集める。
大学在学中に、当時は学生劇団であった劇団☆新感線に参加。渡辺いっけい、筧利夫、古田新太、高田聖子らが同時期に在籍していた。後に高田は「この頃は(帰りの)近鉄電車に乗りながら、さっさと辞めて早くお嫁に行こうねって話し合っていた」と説明している。
関西の小劇団ブームに乗り、関西を中心にテレビ番組に出演。1989年から1年間にわたって放送された読売テレビの深夜のコント番組「現代用語の基礎体力」で、毎週生瀬勝久(当時は槍魔栗三助)扮する怪人にさらわれるお嬢様役が受けて、ブレイクした。その後もCDデビューするなど、関西地方ではアイドル的な存在であった。
羽野晶紀 - Wikipedia


posted by ぴかまま at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。