2007年11月12日

キョンキョン大忙し!“ハシゴ”で舞台あいさつ

キョンキョン大忙し!“ハシゴ”で舞台あいさつ
11月11日8時1分配信 スポーツ報知


 女優・小泉今日子(41)が10日、出演映画の舞台あいさつを“はしご”した。

 まず有楽町の丸の内ピカデリー2で、歌舞伎俳優・中村勘三郎(52)、俳優・柄本明(59)と主演した「やじきた道中 てれすこ」(平山秀幸監督)の舞台あいさつを行うと、勘三郎、柄本とともに、川崎チネチッタに移動し、再び舞台あいさつ。その後は、てれすこチームと別れ、渋谷のアミューズCQNで行われたオダギリジョー(31)主演映画「転々」チームに合流。計3か所で4回の舞台あいさつを行った。

 「てれすこ」は弥次喜多ものの東海道珍道中で、小泉はともに旅する遊郭を足抜けしたお喜乃役。「喜劇になじみのない世代ですが、そういう私でも懐かしい気持ちになれる。日本っていいな、人間っていいなという気がしましたね」とアピール。てれすこチームと川崎で“足抜け”すると、単身、「転々」チームの待つ渋谷へ。当初は4回目の舞台あいさつで合流予定だったが、3回目に飛び入りし、三木聡監督ほか、擬似家族を演じた三浦友和(55)、オダギリ、吉高由里子(19)を喜ばせた。有楽町、川崎、渋谷とV字移動した小泉は「なぜだろう。いつもはそんなに忙しくないのに…」と謙遜(そん)、最後まで笑顔を振りまいていた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071111-00000060-sph-ent

勘三郎、カゴの中からレッドカーペット


posted by ぴかまま at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。