2007年11月21日

名脇役・小日向文世、ついに連続ドラマ初主演「僕でいいの!?」

名脇役・小日向文世、ついに連続ドラマ初主演「僕でいいの!?」11月20日8時2分配信 サンケイスポーツ


 ドラマ「HERO」をはじめ、出演作は数えきれず、作品にピリリとスパイスを効かす天才バイプレイヤー、小日向文世(53)が連続ドラマに初主演することになった。来年1月スタートのフジテレビ系「あしたの喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜」(火曜後10・0)で、演じる役はやっぱり?冴えない中年男。大役の依頼にも、「僕でいいの?」と聞き返したというが、制作陣は「素晴らしい俳優」と自信を見せる。

 役者デビュー30年でやっとつかんだ連ドラ主演の座。なのに、ニンマリ笑って、バンザーイ!と叫ばないのが、この人らしい。

 制作の関西テレビが出演依頼した際の小日向の感想は「なんで? 本当に?」。その後も「大丈夫なの? 僕でいいの? 成立するの? この企画つぶれない?」と不安だけが募っていったといい、来月初旬にクランクインが目前に迫った現在も「不安でいっぱい」という。まさに、世間が抱く役者、小日向のイメージ。控えめ、気が弱い、優柔不断。温かくて優しい心の持ち主でもある。

 「あしたの喜多善男」は、島田雅彦氏の小説「自由死刑」をもとに、「沙粧妙子−最後の事件−」「ドラゴンヘッド」などで知られる飯田譲治氏が脚本を担当した。主人公、喜多善男(きた・よしお)は45歳、妻(小西真奈美)に逃げられバツイチ、借金まみれ。11日後に迫った親友の命日に自分も死のうと決めたところから物語が動き出し、思いがけない波瀾万丈な人生が始まる。

 関テレの豊福陽子プロデューサーは「小日向さんは親しみやすくて、しかも表情1つの中にいくつもの感情を表現できる素晴らしい俳優さん」と惚れ込み、「とんでもない大事件に巻き込まれる小日向さん=喜多善男を、ハラハラしながら一緒に応援して下さい」と話している。

 同作では、善男を利用して保険金を手にいれようとたくらむキャバレーのスカウトマン、矢代平太役の松田龍平(24)が民放の連続ドラマ初出演。「自分自身が楽しんで演じることが、今回の役に、ドラマに活きればと思っています」とコメントを寄せた。

 “マイナス思考”の小日向も「主役の脇で、光り輝きたいという気持ちもありますが、やはり連続ドラマの主役というのは光栄なことです」とちょっぴり前向き発言も。「いい作品にしたいな〜」と力まずに願っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000003-sanspo-ent



タグ:小日向文世
posted by ぴかまま at 05:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。