2007年11月27日

小島よしお丸ごと商品化…所属事務所が商標出願

小島よしお丸ごと商品化…所属事務所が商標出願 

お笑い芸人の小島よしおさん(27)のギャグで、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた「でもそんなの関係ねぇ〜」が、所属するサンミュージックプロダクションによって商標登録出願されていることが26日、分かった。「関係ねぇ〜」海パンなど偽物グッズが出回るのを防ぐ狙いがありそうだ。今年の流行語では、美容家のIKKOさんが広めた「どんだけぇ〜」関連の商標が、新潟市の米菓会社などから出願されたことが明らかになっている。

 「でもそんなの関係ねぇ〜」。2007年を代表する名作ギャグが、商標登録に向かって動き出した。今回出願されたのは「でもそんなの関係ねぇ〜 おっぱっぴー OCEAN PACIFIC PEACE」。ポーズを決める小島さんのシルエットの画像も添えられている。

 出願は10月2日で商品の範囲は貴金属や時計、キーホルダー、布団やふきん、Tシャツなどの衣類など。水泳着、水泳帽の項目もあり、小島さんを象徴する海パンも網羅されているようだ。

 サンミュージックプロダクションの関係者によると、年内にも小島よしおグッズの作製を視野に入れており、「マネされたり、グッズのニセモノなどの悪用がないとも限らないので申請した」という。事実、「関係ねぇ〜」の浸透力はすさまじく、今月には何とジャマイカのDJが「ソンナノカンケーネー」と歌う曲を発表したことなどが報じられている。

 同事務所の所属タレントでは、すでに酒井法子さんの「のりピー」が登録されており「(ダンディ坂野さんの)ゲッツも申請したと思う」(関係者)とのこと。

 弁理士の金原正道さん(金原商標登録事務所代表)によると「関係ねぇ〜」が商標登録されるかどうかについて「今後調査されたうえでのことなので何ともいえない」とした上で、似たような登録などが考えにくいことから「通る可能性は高いかもしれません」とした。

 過去には、パイレーツの「だっちゅーの」(1998年)、レイザーラモンHGさんの「フォーー!」(2005年)などのギャグが「新語・流行語大賞」の大賞やトップテンに選ばれているが、商標登録が出願された形跡はほとんどない。金原さんは「出願自体が珍しいと言えそうだ」としている。

 「関係ねぇ〜」の登録が認められた場合、小島さん以外の人はギャグとして使用できなくなるのだろうか。「今回出願された区分(分野)を侵すものではない」(金原さん)ためまったく大丈夫だという。出願が登録されるまでは通常半年はかかるため、認められたころにはブームが去っている可能性も濃厚だが、そんなの関係ねぇ〜?
(2007年11月27日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071127-OHT1T00013.htm


タグ:小島よしお
posted by ぴかまま at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。