2007年11月28日

マクドナルド:売れ残りのサラダ、調理日時張り替え−−都内4店で

マクドナルド売れ残りのサラダ、調理日時張り替え−−都内4店で ハンバーガーチェーンの日本マクドナルドの東京都内の4店で、売れ残ったサラダの調理日時のラベルを、翌日付に張り替えて販売していたことが27日、分かった。マクドナルドは「ラベルは商品管理の目安として張っているもので、不当表示には当たらない」としているが、賞味期限切れの原料使用の疑いもあり、調査を続けている。

 4店舗は早稲田店、大塚駅前店、新大塚店、本郷三丁目店。今月2日、情報が会社に寄せられ、6〜9日、店舗の従業員に調査したところ、「サイドサラダ」などサラダ3商品の張り替えを認めたという。

 同社の基準で、調理後12時間を過ぎたサラダは廃棄すると定めており、ラベルは、店の商品管理の目安で張っている。調理後3日間は、食べても安全性に問題はないという。ただ、ヨーグルトなどで、賞味期限が切れたものを使っていたとの従業員の証言もあり、調査を続けている。

 4店舗はアスリートという都内の会社がマクドナルドのフランチャイズとして運営していた。マクドナルドは27日、フランチャイズ契約を解除し、4店舗は直営店として営業を続けている。アスリートの従業員は「もったいないのでやった」と証言しているという。【工藤昭久】

毎日新聞 2007年11月27日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071127dde041040075000c.html
マクドナルド:調理日改ざん FC管理面に課題 好調業績に影響も
 日本マクドナルドのフランチャイズ(FC)店で27日、調理日時のラベルの張り替えや賞味期限切れ原料の使用があったことが発覚した。原田泳幸社長は「一人のフランチャイズ・オーナーの問題」との認識を示したが、FC拡大を目指す同社にとって管理面での課題が浮き彫りになった。社内調査の進展によっては好調な業績にも影響を及ぼしそうだ。【工藤昭久】

 マクドナルドによると、これまでの調査で、4店舗を運営する「アスリート」社の社員が、店によっては2年前から意図的に調理日時のラベルの張り替えがあったと答えている。賞味期限切れ原料の使用については、ヨーグルトなど2品目に関して明確に認めたが、トマトと卵については記憶があいまいで、更に調査を進めているという。

 アスリートの社長はマクドナルドを退社後、22年間にわたりフランチャイズを運営してきたベテラン。他のFCに比べても好調な業績を上げていたという。社長は不正の指示を否定しており、ラベルの張り替えなどを認めた社員も社長からの指示はなかったと回答している。ただ、この社員は4店舗の管理に携わる立場で、「コスト面でプレッシャーがあった」と話しているという。売れ残りによる無駄を省きたいとの思いがあったようだ。

 マクドナルドの全国約3800店のうちFC店は約3割。店舗投資などを抑えるため、今後3〜5年間でフランチャイズの比率を7割まで高める計画だ。FC店での品質管理については、外部委託によるものも含め4種類の検査を実施しているといい、原田社長は「品質管理に関する社内規定は国内法規より厳しい」と自信を見せる。

 しかし、厳しい検査体制を敷いても、今回のような問題が発覚した事実は重い。原田社長は「品質への意識を強化していく必要がある」と述べたが、意識面での改善だけで再発防止が図れるかどうか疑問が残る。

 食品の偽装問題が相次ぐ中で、問題の公表など対応が後手に回ったことも否定できない。今月2日の調査でアルバイトが張り替えを認めたが、「調理日時のラベルは自主基準で、張り替えは食品衛生法に抵触する恐れはない」と公表は見送った。しかし、賞味期限切れ原料の使用も発覚し、約1カ月を経て公表に踏み切る結果になった。

毎日新聞 2007年11月28日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071128ddm008040095000c.html


posted by ぴかまま at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。