2007年12月01日

2008年JRAの顔に佐藤浩市、蒼井優ら キーワードは「CLUB KEIBA」

2008年JRAの顔に佐藤浩市、蒼井優ら キーワードは「CLUB KEIBA」
11月30日13時56分配信 スポーツナビ

2008年JRAのテーマは「CLUB KEIBA」、ナビゲーターは小池徹平さん、佐藤浩市さん、蒼井優さん、大泉洋さんが務める【スポーツナビ】

 2008年JRAのキーワードは「CLUB KEIBA」――。JRA(中央競馬会)の2008年度キャンペーンの記者発表会見が30日、東京都内のホテルで開かれ、来年度は「CLUB KEIBA」をテーマにキャンペーンを展開していくことが発表された。また、「ナビゲーター」(キャンペーンキャラクター)には俳優の佐藤浩市さん、大泉洋さん、小池徹平さん、女優の蒼井優さんが決定。佐藤さん、蒼井さんらナビゲーターも会見に出席し、“みんなで楽しむ競馬”をPRした。

 今年のJRAは“ライブで楽しむ競馬”として「FEEL LIVE」をキーワードにキャンペーンを展開。来年も引き続きライブ観戦の楽しさをアピールしていくが、“みんなで楽しむ競馬”をよりいっそうのアピールポイントとしてキャンペーンを展開していくという。
 そこで生まれたキーワードが「CLUB KEIBA」。すでに競馬を楽しんでいるファンはもちろん、これから競馬をやってみようと思っている人たちも含めた、非常に広い意味での“競馬を楽しむ人たちの集まり”をこの「CLUB KEIBA」という言葉で表現。「みんなで競馬を楽しみたい!」「みんなで来ると競馬場はもっと楽しい!」ということを、さまざまな形で表現していくキーワードとのことだ。

 競馬の楽しさを誘うこの「CLUB KEIBA」のナビゲーターに選ばれたのが、佐藤浩市さん、大泉洋さん、小池徹平さん、蒼井優さんの4名。その中でも佐藤さんは歴20年を数える筋金入りの競馬ファンだという。 「競馬が好きというよりは、JRAさんへの“お布施の会”会員です(笑)。かなりの額をお布施しています。先週のジャパンカップもダメでした。事務所の社長が競馬好きで、なんとなく馬券を買ったらビギナーズラックで当たってしまって、それ以来好きですね」
 また、北海道帯広のばんえい競馬を舞台にした映画で2006年度のJRA馬事文化賞を受賞した「雪に願うこと」で調教師役として主演するなど、なにかと競馬には縁が深いながらも「なぜかお布施の会会員です」と苦笑い。そんな佐藤さんの語る競馬場での楽しみ方は「なんか食べ物がおいしいんですよね。それと、中山開催のときに東京競馬場に行って、閑散としたスタンドで地味にターフビジョンを見ながら競馬をするのもオツな楽しみ方ですね」と、かなりの通好みな楽しみ方。これには会見場にいたJRA職員たちから大きな拍手が送られていた。

 一方、「共演する役者さんたちがみんな競馬が好きで、待ち時間の時とかに競馬の話をしているのを聞いて、“あ、面白そうだなぁ”って思って興味があったので、今回こういうお話をいただけてすごくうれしかったです」と語ったのは紅一点の蒼井さん。まだ競馬は未経験だが、佐藤さんや大泉さんの熱い競馬トークを隣で聞いて「女性でも行きやすいみたいなので、ぜひ女友達を誘って、これを機に来年の上半期以内には行きたいなぁって思いました」と、競馬デビューを心待ちにしている様子だった。

 ナビゲーターに選ばれた4名がそうだったように、ベテラン競馬ファンから未経験者、若い女性まで幅広くみんなで楽しもうという「CLUB KEIBA」。このキャンペーンは有馬記念が行われる12月23日からスタートする。

最終更新:11月30日13時56分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000017-spnavi-horse


posted by ぴかまま at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。