2007年12月03日

美咲先生!08年仕事始めはコメディー連ドラ…

美咲先生!08年仕事始めはコメディー連ドラ…

1・11 TBS「エジソンの母」 女優の伊東美咲(30)が、1月スタートのTBS系連続ドラマ「エジソンの母」(1月11日スタート、金曜・後10時)に教師役で主演することが2日、分かった。小学校教師役で、ある天才児童に振り回されながらも、その生徒の可能性を信じ、悪戦苦闘する姿をコメディータッチに描く。最近の伊東はコメディーセンスあるところを見せており、今回も期待される。

 「ラストラブ」「Life 天国で君に逢えたら」など今年は特に映画分野での話題作が続いた伊東は、08年のスタートを連続ドラマで切る。

 伊東が演じる鮎川規子は美人でまじめ、常識的にも教師として平々凡々、当たり障りなく過ごしている。担任する1年2組に人一倍、好奇心旺盛で奇想天外な質問、行動で教室を度々混乱に陥れる賢人が転校してくる。

 賢人や生徒の父母、先輩教師などに振り回される一方で、その男の子の才能に気づかされる。天才の卵を、常識に支配される大人たちがどう扱い、育てるのかをコメディータッチで描いていく。

 このドラマがモチーフしているのは発明家トーマス・エジソンの逸話。幼いころ「なぜ1+1は2になるの? 2つのコップに入った水を別のコップに入れるとひとつになるよ」などと好奇心旺盛な疑問で大人を困惑させたこともあった。教師の手に負えなかったエジソンは問題児扱いされ、学校を追い出された。しかし、母親が温かく見守り世界の発明王に育ったという話は有名だ。

 今作の加藤章一プロデューサーは「おしゃれで非の打ち所のない先生像にぴったりながら、コメディーのセンスもある」と伊東の演技の柔軟性を高く評価。「危険なアネキ」「山おんな壁おんな」などでコミカルな芝居も見せている。

 実は伊東は幼稚園教諭と保育士の資格を持つほどの子ども好き。「子どもの目線に立って話をしてあげること」と子どもとのコミュニケーションも心配無用だ。今回の内容については「今の教育にかかわるすべての方々に伝えていきたいメッセージ性の高い作品」ととらえており、「生徒、教師、親という色々な立場・側面で子どもたちと向き合いながら、日々奮闘してゆく姿を描いています。たくさんの視聴者と考えながら一緒に成長していけたら」と意気込んでいる。

 ◆坂井真紀、賢人の母親役 学年主任役は松下由樹 あらゆる質問でクラスを引っかき回す“エジソンの卵”ともいえる賢人役には本格ドラマに初出演の清水優哉(6つ)を抜てき。賢人の母親役に坂井真紀(37)で、規子の元カレで賢人の才能に最初に気づく大学教授役は谷原章介(35)。規子のクラスの生徒の母親で、セレブ主婦役に杉田かおる(43)、小学校の学年主任役を松下由樹(39)が演じる。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071203-OHT1T00063.htm


タグ:伊東美咲
posted by ぴかまま at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。