2007年12月05日

夏帆、女子高生探偵…連ドラ地上波初主演

夏帆、女子高生探偵…連ドラ地上波初主演 

今年の報知映画賞新人賞を受賞した女優の夏帆(16)が、地上波の連続ドラマ初主演することが4日、分かった。来年1月スタートのテレビ朝日系4姉妹探偵団」(金曜・後9時)で、次々と難事件を解決する女子高生を演じる。

 原作は赤川次郎氏の人気ミステリー小説「三姉妹探偵団」。タイプの違う姉妹が、長所を生かしながら事件を解き明かす。ドラマでは年長の長女を加え4姉妹の設定になった。物語の中心で、末っ子ながら実質的に姉妹を取り仕切るしっかり者の四女・佐々本夕里子を夏帆が、長女を中越典子(27)、二女を加藤夏希(22)、三女を市川由衣(21)がそれぞれ演じる。

 夏帆は04〜05年にBS―iの「ケータイ刑事 銭形零」に主演したが、地上波の主演は初。「毎週殺人事件が起こるみたいだし、真冬のロケも寒くて大変そうだけど頑張ります」と話している。

(2007年12月5日06時02分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071205-OHT1T00087.htm

夏帆に新人賞 一生1度の果報…報知映画賞
16歳の夏帆、初主演あいさつも初々しい〜
佐藤浩市、成長した“娘”直視できず…
夏帆制服脱いで大人の恋 


タグ:かほ 夏帆
posted by ぴかまま at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。