2007年12月10日

田中麗奈「山桜」で時代劇初挑戦

田中麗奈「山桜」で時代劇初挑戦12月9日9時45分配信 日刊スポーツ


 作家藤沢周平さんの人気小説「山桜」が田中麗奈(27)東山紀之(41)主演で映画化され、来年初夏に公開されることが8日、分かった。

2度の結婚に疲れうちひしがれた女性が、本当の幸せを求めて歩み始める姿を描く。2人は初共演。来年女優デビュー10周年を迎える田中にとって時代劇初挑戦となる。

 原作は「時雨みち」(新潮文庫)の中の同名短編。時代小説の第一人者、藤沢さんの作品では珍しい女性主人公の小説で、映画化は構想から7年越しで実現した。メガホンは篠原哲雄監督がとり、山形ロケを中心に今年春から秋まで撮影された。

 田中は気品と耐え忍ぶ強さを持つヒロイン役。縁談を断っていた東山演じる侍に偶然出会い、絶望的だった人生に光明を見いだす。「封建社会の中で生きる江戸時代の女性の生き方に胸が熱くなり、喜び、怒り、悲しみ、戸惑い、さまざまな感情が込み上げてきました」。当初は所作や立ち居振る舞いに苦労したが「いつの間にか自然に動くようになり、日本の伝統、文化、風景の美しさを再認識できた気がします」。映画をメーンに活躍を続ける田中の新境地として注目される。
 一方、東山が演じた侍は剣の使い手で人柄も実直。製作側は「藤沢作品の『心』がそのまま映し出されたような存在」と出演を依頼。東山も「こんなにも清らかで素晴らしい愛の物語を演じることができて幸せ。映画を見終わった時、きっと温かな涙が流れ出てくるはず」と手応えを感じている。
 製作関係者は原作に込められた再起の精神の大切さに強くひかれたという。「進むべき道を失い、再チャレンジを必要としている若者たちにもぜひ見てほしい」と話している。

最終更新:12月9日9時45分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071209-00000042-nks-movi


posted by ぴかまま at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。