2007年12月13日

吉田都さんに大英帝国勲章、ロイヤル・バレエ団で活躍

吉田都さんに大英帝国勲章、ロイヤル・バレエ団で活躍
12月12日15時36分配信 読売新聞


 【ロンドン=本間圭一】英バレエ界で活躍してきたバレリーナ吉田都(みやこ)さん(42)に、英国政府から「大英帝国勲章」(OBE)が贈られることになった。英政府筋が11日明らかにした。

 日本人ダンサーが同勲章を受けるのは異例。約20年間にわたり、バレリーナ最高位の「プリンシパル」として踊ってきた功績が認められた。今月18日に授与される予定。

 吉田さんは11日、「異国の英国で地道な努力が報われ、大変光栄に思う。勲章を励みに今後も踊りを磨きたい」と喜びを語った。

 吉田さんは東京出身。9歳からバレエを始め、17歳で単身渡英し、18歳でロンドンのバレエ団に入団した。軽快でしなやかな舞が評価を受け、22歳の時、「プリンシパル」に昇格、1995年には、名門のロイヤル・バレエ団に移籍した。2006年9月には、日本のKバレエカンパニーへ移ったが、英国では現在も「ゲスト・プリンシパル」として公演を続けている。

最終更新:12月12日15時36分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071212-00000205-yom-soci

英国ロイヤル・バレエ団(Royal Ballet)はイギリスの王立バレエ団。フランスのパリ・オペラ座、ロシアのボリショイ劇場と並び世界三大バレエ団のひとつと称される。現在の名誉総裁はチャールズ皇太子。
ロイヤル・バレエ団 - Wikipedia


posted by ぴかまま at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。