2007年12月16日

陣内監督に未來、ローサがヨイショ 

陣内監督に未來、ローサがヨイショ 

俳優・陣内孝則(49)が監督を務めた映画スマイル〜聖夜の奇跡〜」の公開初日舞台あいさつが15日、東京・台場のシネマメディアージュで行われた。

 弱小アイスホッケーチームが強豪チームに挑み奇跡を起こす物語で、主演の森山未來(23)、加藤ローサ(22)、アイスホッケーチーム「スマイラーズ」のメンバーとともに登壇した陣内は「感無量です。難を言うならば、私が出てこないことくらい」と笑わせた。

 森山は「テンションが高くて、すごく熱い現場だった」。加藤も「監督がはっきり言ってくれるので迷いなくできました」と監督をヨイショ。監督のセンスでギャグが随所に登場。「対人関係で悩んでいる」のセリフとともにタイ人女性を登場させたことで「おかげでタイに(映画が)売れました」と陣内監督は成果を強調した。

(2007年12月16日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071216-OHT1T00053.htm

映画「スマイル」公式サイト http://www.go-smilers.jp/


posted by ぴかまま at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。