2007年12月19日

第40回オリコン年間ランキング2007発表 シングル年間1位「千の風になって」

第40回オリコン年間ランキング2007発表 シングル年間1位「千の風になって」
12月18日14時55分配信 オリコン

『第40回オリコン年間ランキング2007』表彰式でVサインを決める秋川雅史【18日=都内ホテル】

 ランキング情報を扱うオリコンは18日(火)、『第40回オリコン年間ランキング2007』(集計期間:06/12/25付〜07/12/17付)表彰13部門を発表した。シングルセールス部門の作品別売上枚数ランキング年間1位は秋川雅史の「千の風になって」(111.5万枚)、同アルバム1位はMr.Childrenの『HOME』(118.1万枚)、同ミュージックDVDはKAT-TUNの『Live of KAT-TUN“Real Face”』(24.1万枚)がそれぞれ年間1位を獲得した。秋川は同日、都内で行われた同表彰式に出席し「私も“40歳”で節目の年に栄えある賞を頂いて嬉しい」と笑顔でコメント。今回で初の年間ランキング受賞、さらに“クラシック系アーティストとしては史上初となる年間シングルシングルランキング1位”獲得に「(今後も)クラシックのテノールの魅力を伝えられたらと思う」と語った。

『第40回オリコン年間ランキング2007特集』

 秋川は作品別売上枚数のほか作品別売上金額(11.2億円)でも1位を獲得し、シングル2冠を達成。ポップス以外での年間1位は瀬川瑛子の「命くれない」以来20年ぶりで、男性アーティストでは大川栄策の「さざんかの宿」以来24年ぶり。さらに集計対象期間前に発売された楽曲による年間1位も瀬川瑛子の同曲以来で、初登場週の売上枚数が1000枚以下の楽曲による年間1位はこれが史上初めて。

 秋川はこれらの快挙に「(去年の)紅白が明けてから、物凄い風にのまれた感じ。“風”といっても嵐のようで、とにかく1年が早かった」と今年を振り返り、「この曲は歌手生命が続く限り、自分の中での“究極の「千の風」”を求めたい。あと1、2年はこの風に乗って、慌しいスケジュールをこなしたい」と来年以降の更なる飛躍を誓った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000007-oric-ent

秋川 雅史(あきかわ まさふみ、1967年10月11日 - )愛媛県西条市出身.
2001年に、コロムビアミュージックエンタテインメント(旧日本コロムビア)より最年少テノール歌手としてCDデビュー。

2006年12月31日の第57回NHK紅白歌合戦に「千の風になって」にて出場。

紅白歌合戦出場後、「千の風になって」が2007年1月15日付のオリコンシングルチャート第4位にランクイン。テノール歌手として史上初のトップ5ランクインを果たし、1月22日付のオリコンチャートにて1位となる(2006年6月12日付オリコンシングルチャート初登場168位だったので、100位以下の初登場から1位になったのはオリコン史上初)。


posted by ぴかまま at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。