2007年12月19日

ALWAYS続編12部門で受賞…31回日本アカデミー賞

ALWAYS続編12部門で受賞…31回日本アカデミー賞

司会を務める関口宏と中谷美紀 

第31回日本アカデミー賞」の優秀賞・新人俳優賞が18日、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で行われた。

 一昨年の日本アカデミー賞を総なめした前作に続き、公開中の映画ALWAYS 続・三丁目の夕日」が13部門(外国作品、アニメーション作品を除く)中、優秀主演女優賞を除く12部門で優秀賞を受賞した。

優秀助演女優賞堀北真希(19)と薬師丸ひろ子(43)の2人に。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が全13部門で選ばれた。ほかには報知映画賞で作品賞、主演男優賞の2冠に輝いた「それでもボクはやってない」が優秀作品賞、優秀主演男優賞(加瀬亮=33)など11部門で受賞した。

 最優秀賞を発表する授賞式は来年2月15日にグランドプリンスホテル新高輪で。司会は11年連続の関口宏(64)と昨年の最優秀主演女優賞の中谷美紀(31)のコンビ。中谷は「関口さんの足を引っ張らないように、暴言失言に気をつけます」と抱負を語った。

(2007年12月19日06時02分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071219-OHT1T00076.htm

興収首位でも「HERO」優秀賞ゼロ

 第31回日本アカデミー賞の各部門優秀賞が18日、都内で発表され、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が優秀作品賞や新人俳優賞など計14部門で選出された。

ほかの優秀作品賞は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「キサラギ」「それでもボクはやってない」「眉山―びざん―」。来年2月15日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われる授賞式で、各部門の最優秀賞が発表される。

 司会は関口宏(64)と中谷美紀(31)。06年に12部門で最優秀賞を獲得した「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編「―続・三丁目の夕日」は、優秀主演女優賞を除く12部門で選出された。一方、今年公開の邦画で興行収入トップ(81億1000万円)の「HERO」は、どの部門にも選出されなかった。
[ 2007年12月19日付  スポニチ Sponichi Annex ニュース ]


posted by ぴかまま at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。