2008年01月07日

観月「歩きたばこダメ」…“リアル斉藤さん”にあと一歩

観月「歩きたばこダメ」…“リアル斉藤さん”にあと一歩
ドラマの主演に臨む観月ありさ 日テレ系連続ドラマ「斉藤さん」(9日スタート、水曜・後10時)の制作発表が6日、東京・汐留の同局で行われ、主演の観月ありさ(31)らが出席した。

 月刊「office YOU」に連載中の小田ゆうあさんの同名漫画が原作。観月演じる斉藤全子(まさこ)は、社会ルールを守らない人が大嫌いな1児の母。事なかれ主義がはびこるなか、敢然と悪に立ち向かう大人の女性を描く。

 「新しい感覚のドラマ。(斉藤さんは)社会で正義を貫く強い女性。そんな斉藤さんと3か月間つき合っていきたい」19作目の連ドラ主演で社会性をテーマにしたのは初。そんな新鮮な気持ちだからこそ“斉藤さん化”にも拍車がかかる。

 主人公のように「悪いものは悪い」とすぐには面と向かって言えないという観月だが、最近は「街で歩きながらたばこを吸う人などをチェックしています」と、あと一歩で“リアル斉藤さん”に変身できることも明かした。共演はミムラ(23)、高島礼子(43)、佐々木蔵之介(39)ら。

 ◆斉藤さん150人 新春ということで観月らは華やかな振り袖姿で登場。京都から40着の着物を取り寄せ、衣装合わせをしたという。それぞれに100万円以上がかかる豪華版に「久しぶりにお正月に着物を着て気合が入ります」と観月もご満悦。また、会場には全国から応募のあった5000人の中から抽選で150人の名字「斉藤」さんが招待された。

(2008年1月7日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080107-OHT1T00013.htm


posted by ぴかまま at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。