2008年01月18日

顔も何だか似てきちゃった?玉木宏、心身ともに“鹿男”化

顔も何だか似てきちゃった?玉木宏、心身ともに“鹿男”化
2008年1月8日(火)07:54
(サンケイスポーツ)

 17日スタートのフジテレビ系「鹿男あをによし」(木曜後10・0)の制作発表が7日、都内ホテルで行われ、主演の俳優、玉木宏(27)と女優、綾瀬はるか(22)らが出席した。

 奈良の女子校の教師になった神経衰弱の主人公・小川が、ある日突然、奈良公園の鹿に話しかけられ、ある使命を課される。鹿が話すなんて!?と信じられない小川だったが、鏡に映る自分の顔は徐々に“鹿”に変身していくのだった…。


 万城目(まきめ)学さん原作の奇想天外なストーリーで、鹿男に抜擢された玉木は、「今までは、ラクダに似ていると言われることが多かったんですが(笑)、共演者の方にも鹿に似ていると言われるので、最近では自分の顔が鹿っぽいかなーと思うようになった」と妙な自覚症状が。さらに、鹿の気持ちを知るため?鹿せんべいを食べたといい、心身ともに“鹿男”に近づいている。


 実際には、鹿のかぶりものとCGを駆使し、顔(頭部)だけが鹿に変身するという。高校の同僚教師を演じる綾瀬は「撮影の合間、玉木さんが鹿の角でお尻をつつかれているのを見ました」と仲むつまじい“2頭”のエピソードを明かした。


 また、玉木の出世ドラマの続編で、4、5日に2夜連続放送された同局系スペシャルドラマ「のだめカンタービレinヨーロッパ」は、平均視聴率が2夜平均で20.0%を記録(ビデオリサーチ、関東地区調べ)。「鹿男−」もこの波に乗りたいところだ。
http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/120080108001.html

“リアル鹿男”玉木宏に蔵之介が爆笑2008年1月8日(火)06:00

 玉木宏(27)が主演するフジテレビドラマ「鹿男あをによし」(17日スタート、木曜後10・00)の制作発表が7日、都内で行われた。真城目学さんの人気小説が原作で、舞台は奈良。玉木は同局ドラマ「のだめカンタービレ」(06年)のエリート指揮者役から一転、女子高のダメ教師を演じる。

 しゃべる鹿から日本を救う使命を与えられる不思議な設定に「説明が難しいけど面白い」と自信。特殊メークやCGで鹿になる場面もあり、同僚教師役の佐々木蔵之介(39)は「(メークを見て)笑って顔を見られなかった、この顔の人と芝居をするのかと…」と複雑な表情。玉木は「最近、鹿に似ていると言われる。昔はラクダに似ていると言われたが…」と苦笑いを浮かべた。玉木に恋心を寄せる同僚を綾瀬はるか(22)が演じる。
http://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/kfuln20080108006004.html


玉木宏シカに変身…フジテレビ系「鹿男あをによし」


posted by ぴかまま at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。