2008年01月18日

コブクロ「蕾」で高校球児は行進できる?

コブクロ「蕾」で高校球児は行進できる?1月18日10時0分配信 日刊ゲンダイ


♪消えそうに 咲きそうな 蕾が今年も僕を待ってる……
 昨年の日本レコード大賞を受賞したコブクロの「蕾(つぼみ)」が、第80回選抜高校野球の入場行進曲に内定したという。昨年末のNHK紅白歌合戦でも歌われ、カラオケのリクエストも多い人気曲だ。
 ただ、名曲ではあるが、曲調はスローバラード。歌詞も他界した母を偲ぶ内容だから入場曲にはちょっと……。
「入場曲は、主催の高野連と毎日新聞社の運営委員会が、前年のヒット曲の中で多くの人に親しまれ、行進曲にふさわしい歌詞と曲調であることを基準に決めます。かつては「三百六十五歩のマーチ」(水前寺清子=69年)、「ヤングマン」(西城秀樹=80年)、「負けないで」(ZARD=94年)といった元気な曲が採用される傾向にありました」(大会関係者)
 バラードが入場曲だと、行進する球児たちの足がもつれないか心配だ。
「03年の平井堅の「大きな古時計」もバラードでしたが、ちゃんと球児たちは行進していました。アレンジ次第でどうにでもなるから大丈夫です。もっとも、入場曲は選手を励ます軽快な曲が理想。ところが、最近はアップテンポの曲は売り上げが伸びない。ヒット曲の中から選ぶとなれば、必然的に今後もバラードが続くはずです」(音楽評論家・麻生香太郎氏)

最終更新:1月18日15時6分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000007-gen-ent


タグ:コブクロ
posted by ぴかまま at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。