2008年01月24日

竹内結子、演じた先生なら病院に行きたい

竹内結子、演じた先生なら病院に行きたい

映画チーム・バチスタの栄光」の完成披露試写会で舞台あいさつする阿部寛竹内結子HIRO

 女優の竹内結子(27)、俳優の阿部寛(43)が共演した映画チーム・バチスタの栄光」(2月9日公開、中村義洋監督)の完成試写会と舞台あいさつが23日、都内で行われた。

 200万部を突破した現役医師による同名小説が原作。心臓の難手術“バチスタ手術”の専門集団が起こした術中死の謎を、竹内演じる心療内科医と厚生労働省の阿部が解明していく。

 竹内は「注射嫌いで熱があっても放っておくタイプでしたが、演じた先生みたいな人がいるなら病院に行きたいです」。

 阿部との共演は2003年のTBS系ドラマ「笑顔の法則」以来。阿部に「芝居を真剣に考えている姿が新鮮だった」とたたえられたが、「ドラマの時も真剣でした」と突っ込んでいた。
(2008年1月24日06時02分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080124-OHT1T00054.htm


posted by ぴかまま at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。