2008年02月04日

成田山で朝青龍、宮崎あおいら恒例の豆まき

成田山で朝青龍、宮崎あおいら恒例の豆まき

雪が降る中、成田山新勝寺の節分会で豆まきをする横綱朝青龍と横綱白鵬

 千葉県成田市の成田山新勝寺で3日、恒例の節分会が行われ、大相撲の朝青龍(27)、白鵬(22)の両横綱とNHK大河ドラマ篤姫」出演の宮崎あおい(22)と瑛太(25)らが「福は内」の掛け声で、勢いよく豆をまいた。

 大本堂前の特設台に宮崎らがかみしも姿で登場。雨や雪の悪天候にもかかわらず、災厄を払う豆がまかれると参拝客は福をつかもうと歓声を上げて拾った。昨年、2場所出場停止処分を受け、初場所から復帰したばかりの朝青龍も笑顔を振りまいていた。

 寺の本尊、不動明王は鬼さえも改心させてしまう力があるとされるため「鬼は外」と唱えない習わしだ。この日のために寺は大豆860キロ、からつき落花生400キロ、和紙でできた剣の形のお守り「剣守」約1100体を用意した。参拝客は約4万人に上るという。

(2008年2月3日14時54分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20080203-OHT1T00135.htm


posted by ぴかまま at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。