2008年02月11日

竹内結子CMが映画化

竹内結子CMが映画化 

放送開始から大反響 女優の竹内結子(26)が、映画「春の雪」の行定勲監督(38)とタッグを組んだ「ソニー・エリクソン」の携帯電話「SO903i」のストーリーCMが、映画化されることが8日、分かった。現在放送中のCMに反響が殺到したため、CM用に撮影した映像に、追加撮影した分を加えて約60分の短編作品となる。タイトルは「ショコラの見た世界」で今春公開が予定されている。

 「春の雪」でもタッグを組んだ“主演・竹内結子、監督・行定勲”の豪華コンビによるCMが映画になる。

 各30秒・全4編の物語となっている同CMは今年元日から第1弾がスタート。現在は第2弾が放送中で、13日から第3弾、3月以降に第4弾が予定されている。しかし、断片的な映像でわかりにくい内容となっていることから、開始直後から企業などに視聴者からの問い合わせが殺到。当初の予定にはなかった映画化が決定した。

 行定監督は1カットのために長時間のシーンを撮影することで知られるが、今回もCMとしては異例の約2週間におよぶ長期ロケを昨年末に敢行。行定監督の大ヒット作「世界の中心で、愛をさけぶ」も手掛けた春名慶プロデューサーによると「CMに使ったカットは全体の5%くらい」。残りの95%のお蔵入り映像や新たに撮影した追加分を合わせ、約60分の短編映画に仕上げるという。

 今はこの世にいないショコラ(竹内)が妹テンコ(大塚ちひろ、藤本七海)の幼いころに聞かせていた「おとぎ話」が作品のテーマ。ショコラの元恋人ジダン(和田聰宏)の携帯電話に残されていたショコラの映像が鍵を握り、CMでは分かりにくかったストーリーが明らかになる。「おとぎ話」を実写化した幻想的な映像が見どころとなる。

 なお公開形式は劇場上映、DVD発売などを検討中でCMが終了する春ごろに解禁される予定。
(2007年2月9日06時10分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070209-OHT1T00091.htm


タグ:竹内結子
posted by ぴかまま at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。