2007年11月19日

来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン!

来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン!
2007年11月19日(月) 15時20分

 来春スタートの連続テレビ小説』(NHK総合 (月)〜(土) 前8・15ほか)のクランクイン会見が東京都中央区佃・住吉神社で行われ、主演の榮倉奈々飯島直子西田敏行が出席した。

下町の佃・月島を舞台とした今作は、ヒロインの一本木瞳(榮倉)がダンサーを目指しながら祖父・勝太郎(西田)とともに養育家庭を手伝い、3人の子供の里親として家族の絆を取り戻していくというストーリー。

 8月下旬から集中してダンスレッスンに励んだ榮倉は、ダンスシーンについて「何も考えずに楽しんで撮影に挑んでいます。今日は多くの記者の方がいたので、緊張しました」と照れ笑いを含ませた。瞳の母親・百子を演じる飯島は「クランクインから2日目でまだ緊張していますが、長丁場の撮影になると思うので体調に気をつけていきたいです。西田さんは優しく、(榮倉)奈々ちゃんはかわいくて、すぐに家族になれそうです」と話し、現場の穏やかな雰囲気が感じられた。

 そんな中、記者たちの目を引いたのが本日クランクインを迎えた西田の衣装。勝太郎の役柄の衣装で登場した西田は、月島という下町の印象からかけ離れた“ウエスタン”姿。榮倉や飯島が「(勝太郎が)この出で立ちだと聞いてなかったのでびっくり」と驚きを示した。

「脚本もキャストもおもしろく、今までにないテイストの連続テレビ小説になると思います。ぜひ多くの人に見てもらいたい」と語りながらも、衣装について西田は「今までしてみたかった長髪など、自分の趣味も入れてもらいました。勝太郎は映画が好きだということで、おそらく西部劇も好きなのでは。娘(百子=飯島)とのけんかのシーンでも、じゃじゃ馬ならしでも想起してもらえたらと思います」とコメント。
http://www.tvlife.jp/news/071119_03.php


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。