2007年09月23日

飯島直子がNHKの連続テレビ小説「瞳」で“ジュリアナダンス”を披露!?

NHKは、来年春にスタートする連続テレビ小説「瞳」に、西田敏行と飯島直子が出演すると発表。2人に加え、ヒロイン・瞳を演じる榮倉奈々も出席して記者会見が行われた。
西田は瞳の祖父・一本木勝太郎、飯島は瞳の母・一本木百子をそれぞれ演じる。
物語の舞台は東京・月島。ダンスに打ち込む少女・瞳(榮倉)は、祖母の死をきっかけに上京、月島で洋品店を営む祖父・勝太郎(西田)の家で暮らすことに。たびたび衝突する母と祖父の姿から家族のきずなを学んでいく。
榮倉は以前共演(「ジイジ〜孫といた夏」'04年・'05年 NHK総合)した西田と再会。「今回共演できるって聞いたときは本当にうれしくて、このドラマに運命を感じました!」と目を輝かせると、西田も「いつかまた一緒に仕事をやれたらいいねと言って別れましたが、それから女優としてめきめきと頭角を現しました」と榮倉の成長ぶりを絶賛した。
一方、飯島は青春時代の百子も演じるが、ちょうどバブル時代と重なるため、ダンスシーンは見られるのかという質問が。すると戸惑いながらも「“ジュリアナ”くらいだったらやってもいいかな(笑)」と乗り気(!?)の姿勢を見せた。

連続テレビ小説
'08年4月スタート 毎週月〜土曜朝8:15-8:30ほか NHK総合ほかで放送
http://blog.television.co.jp/entertainment/news/2007/09/nhk_2.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。