2008年03月02日

小栗旬ナレーション初挑戦…日テレ3・2放送

小栗旬ナレーション初挑戦…日テレ3・2放送 

俳優の小栗旬(25)が、日テレ日曜スペシャル「梅里雪山 17人の友を探して(仮)」(3月2日・後1時25分)で、ドキュメンタリーのナレーションに初挑戦することになった。

 同番組は1991年1月3日に中国・南西部の梅里雪山での遭難事故で帰らぬ人となった京大学士山岳会ら17人を、写真家の小林尚礼さん(39)が、毎年現地に足を運び遺体捜索する姿を描く。これまで16人が発見され、最後の1人の捜索、遺族らの思いを小栗の世界観で表現する。

 道坂忠久ディレクターは「若手実力派の小栗さんなら、『友を奪った山』『聖なる山』の間で揺れる小林さんの心の変化など、難しいテーマをうまく表現し、番組に力を与えてくれるに違いない」と起用を決定。小栗は「自分の声でどこまで伝えられるか頑張ります」と鎮魂の声を届ける。

(2008年2月28日06時04分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080228-OHT1T00092.htm

貧乏男子・ボンビーメン(小栗旬)


タグ:小栗旬
posted by ぴかまま at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小栗旬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。