2008年03月12日

桜開花、西日本も平年並み=ほぼ全国的に早め修正−気象庁予想


桜開花、西日本も平年並み=ほぼ全国的に早め修正−気象庁予想3月12日15時31分配信 時事通信


 気象庁は12日、九州から北陸までの2回目の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。今後の気温が高い可能性が高まり、東日本と同じく西日本も平年並みの見通しとなった。5日発表の最初の予想に比べ、ほぼ全国的に1〜3日早めた。
 開花が最も早いのは静岡、高知、大分の24日で、最も遅いのは長野の4月16日。東京は今月26日。
 同庁は19日に九州〜北陸の3回目、東北の最初の開花予想を発表する。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000093-jij-soci

<桜開花予想>東日本は平年並み、東京は27日 気象庁発表3月5日


posted by ぴかまま at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気・気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。