2008年03月13日

仲間ヤンクミ沖縄で再始動…「ごくせん」第3弾

仲間ヤンクミ沖縄で再始動…「ごくせん」第3弾 

女優・仲間由紀恵(28)主演の日テレ系ドラマごくせん」(4月19日スタート、土曜・後9時)がこのほど沖縄・竹富島でクランクインした。

同局の連続ドラマ平均視聴率歴代第1位を記録した人気シリーズ第3弾。初日はあいにくの雨となったが、沖縄出身の仲間は「番組を通じて沖縄を見てもらえるのはうれしい」とやる気十分。「懐かしいところに帰ってきた感じ」と愛着たっぷりの“ヤンクミ”役で記録更新を狙う。

 仲間演じる“ヤンクミ”こと山口久美子先生が沖縄で再始動した。

 05年3月の第2シリーズ最終回で、ヤンクミと教頭の猿渡五郎(生瀬勝久)が沖縄・やんばる学院に赴任し終了したことから敢行された沖縄ロケ。その後、やんばる学院はつぶれ、東京の赤銅学院に赴任した猿渡教頭が、沖縄のインターナショナルスクールにいるヤンクミを連れ戻すシーンなどが撮影された。

 撮影初日の10日はあいにくの雨。当初、石垣島で予定していた撮影を、急きょフェリーで約10分の竹富島に変更してのクランクイン。雨が弱まったところを見計らい、ヤンクミが海に向かって「あたしのかわいい教え子たち、待ってろよ〜」と何度も叫んだ。11日の撮影も雨に見舞われたが、予備日の12日になって天候が回復。無事に沖縄ロケを終えた。

 牛車がのんびりと島内を周回。石垣に囲まれた家が並ぶ集落など、琉球の文化を強く残す竹富島。

 仲間は沖縄・浦添市出身で「竹富島には小さいころに1度来たことがある。昔ながらの沖縄の懐かしい風景が残っていて。本島にも残っていないような文化を、番組を通じて伝えられるのがうれしい」と沖縄県民の顔をのぞかせた。恒例のジャージーにも袖を通し、3年ぶりの「男っぽいモード」に突入した。

 02年の第1弾には松本潤(24)、小栗旬(25)ら、05年の第2弾には亀梨和也(22)、赤西仁(23)、小池徹平(22)らが出演。生徒の多くが今や一線級で活躍する“あげまん”ぶりだが「マツケン(松山ケンイチ=第1弾出演)なんかも人気になって、活躍はすごくうれしい。今も楽屋に遊びに来る生徒がいるんです」。今回の生徒とはまだ顔合わせのみだが「元気な子がいっぱいで、どんな雰囲気になるのか楽しみ」と心待ちにしている。

 放送開始日も4月19日に決定(初回30分拡大)。第2弾の平均視聴率28・0%を超えるかどうか、これからも注目されそうだ。
(2008年3月13日06時01分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080313-OHT1T00027.htm


posted by ぴかまま at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。