2008年03月16日

草ナギ剛、田中麗奈から「ぶっ殺されたい?」…

草ナギ剛、田中麗奈から「ぶっ殺されたい?」…「猟奇的な彼女」ドラマ化 

2003年に日本で公開されヒットした韓国映画猟奇的な彼女」が、TBS系でドラマ化されることになった。

来年4月スタートでSMAP草ナギ剛(33)が主演、女優の田中麗奈(27)がヒロインを演じる。凶暴で自由奔放な「彼女」と偶然出会った心優しき主人公の恋をコメディータッチに描く。

 生意気で凶暴で自分勝手だけどどこか憎めない「彼女」と、鈍くさいけど優しい「僕」の、笑いあり、涙ありの“凸凹恋愛”が、連ドラになる。

 「猟奇的な彼女」は、韓国で01年に公開され、6週連続1位、ラブコメディー映画歴代最高の興行収入350億ウォン(当時)を記録。日本でも話題になり、第28回報知映画賞で初のアジア映画として洋画作品賞に輝いた。中でもヒロインを演じ「ぶっ殺されたい?」というセリフを連発したチョン・ジヒョン(26)が日本で一躍有名になった。

 TBSの伊與田英徳プロデューサーによると、ドラマ化は公開時から検討されていたが、原作サイドの承諾が出なかったという。今春になり韓国でも人気がある「草ナギ剛主演で」の条件でGOサインが出た。

 映画では「僕」は大学生だったが、ドラマでは大学講師。原作にはないエピソードも盛り込まれる予定で、映画版「僕」役のチャ・テヒョン(31)、チョン・ジヒョンのゲスト出演の可能性もある。先日クランクインしており、伊與田氏は「最低20%の視聴率は取れると思う」と鼻息は荒い。

 草ナギは昨年10〜12月のフジテレビ系「僕の歩く道」以来の連ドラ出演。「公開当時からとても好きな作品。演じる三郎役のチャ・テヒョンさんとお会いしたこともあります。ちなみに僕も“猟奇的な彼女”は好きです」とコメント。草ナギと初共演の田中は意外にも連ドラは初めて。「本番が早く来たり、カチンコがなかったりと、映画撮影との違いがありますが、発見をしている最中でワクワクしています」とコメントしている。

(2007年12月14日06時02分 スポーツ報知)
草ナギ剛、田中麗奈から「ぶっ殺されたい?」…「猟奇的な彼女」ドラマ化:芸能:スポーツ報知


posted by ぴかまま at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。