2008年04月01日

ガソリン暫定税率失効、赤字覚悟で値下げのスタンドも

ガソリン暫定税率失効、赤字覚悟で値下げのスタンドも4月1日1時44分配信 読売新聞


 ガソリン税などの暫定税率維持を含む税制関連法案は4月1日までに成立せず、午前0時で失効した。

 これに伴い、全国のガソリンスタンド(GS)で大幅な値下げも始まる見通しとなったが、高い税率で仕入れた在庫の取り扱いもあり、ライバル店の価格動向を直前までうかがうなど、各地のスタンドで複雑な思惑が交錯する。国会で始まったガソリン税を巡る混乱は、新たな価格競争に発展することになった。

 失効に伴い、ガソリン税は1リットルあたり25・1円、軽油引取税も17・1円安くなった。石油元売り各社は1日からガソリンの卸価格を大幅に値下げし、中には「25円値下げ」を掲げる店が出てくる見通しだ。

最終更新:4月1日1時44分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000007-yom-soci

<ガソリン>買いだめ・ポリ容器保管やめて 消防庁呼びかけ
4月1日11時4分配信 毎日新聞

値下げしたガソリンスタンドの前で給油待ちする車=東京都世田谷区で2008年4月1日午前9時42分、佐々木順一撮影

 総務省消防庁は、消費者が値下げしたガソリンを買いだめして危険な保管をする可能性があるとして、全国の消防署や石油小売業界に監視強化を要請した。



 ガソリンをポリ容器で保管すると、気化してキャップ部分からもれ出し、静電気などで引火する可能性がある。消防法はポリ容器での販売・保管などを禁止しており、専用の金属製容器の使用を求めている。

 消防庁は、特にセルフ式のガソリンスタンドで客が買いだめする恐れがあるとして警戒しており、不適切な販売などをしないよう呼びかけている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000032-mai-soci


posted by ぴかまま at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。