2008年04月05日

三上博史「ドラマの枠ぶち壊す」…「パンドラ」6日スタート

三上博史「ドラマの枠ぶち壊す」…「パンドラ」6日スタート

WOWOW初の連続ドラマに主演する三上博史 

俳優の三上博史(45)が主演するWOWOW初の連続ドラマ「パンドラ」(日曜・後10時、初回はノンスクランブル放送)が6日スタートする。

 「白い巨塔」「14才の母」の脚本家・井上由美子さんの書き下ろしで、三上演じる医師が18年間の研究の末、見つけたがんの特効薬をめぐるサスペンス。WOWOWだけに60分間一切CMなし。ドラマも“パンドラの箱”を開ける形に、三上も「すべて新しい試み」と胸を張る。「“パンドラの箱”なんて、開けて開けて、開けまくったほうがいい」と笑う。

 CMの有無はドラマ作りにとって大きいという。「スポンサーがあると(劇中の)商品に気を使ったり、キャスティングにも広告代理店の意見が入ってくる。自由さは映画にもあるんだけど、尺は決まってる。このドラマは全8話、8時間分も長さがあるから」

 台本にはドラマのすべてが書かれているというのが持論。「局、時間枠、スポンサーも書かれている。それを意識しすぎていたところがあった。それはスタッフも同じ。今回は一緒に(ドラマの枠を)ぶち壊していきたい」と怪気炎を上げた。

 主人公はがんを治したいという正義感の一方、名声にもしがみつく。正統派二枚目から変人役までこなす三上は「ある時は陰険に、ある時は無邪気な顔を見せたり、よりリアルに演じたい」と意気込んでいる。

 ◆ドキュメントの制作に興味あり ○…三上は制作にも興味を持っており「ドラマよりもドキュメンタリーを作りたい」と話す。「わが国の農業はどうなっているのか、活性化させるためにはどうすればいいのか。食料自給率は40%しかないわけだけど、これじゃ、いけないでしょう。分からない部分も多いから、自分が勉強するところから始めなくては」と意外な着想を披露した。
(2008年4月5日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080405-OHT1T00078.htm


posted by ぴかまま at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。