2008年04月21日

城田優と須賀健太がイメージ捨てる演技

城田優と須賀健太がイメージ捨てる演技
2008年4月17日(木)9時59分配信 日刊スポーツ
-
 ホラー作家乙一氏の「死にぞこないの青」(安達正軌監督)が映画化され、イケメン俳優城田優(22)が生徒虐待の教師役を演じる。

城田に虐待を受ける生徒役は「ALWAYS 三丁目の夕日」などで、素直な子役を演じた須賀健太(13)。須賀も、復讐(ふくしゅう)のために城田を殺そうとするダークサイド(暗黒)な面を披露する。
 これまでさわやかな好青年のイメージが強い城田と、素朴な子供として愛されてきた須賀が、それぞれのイメージを捨てた。西口典子プロデューサーは「2人とも鬼気迫る演技をしてくれました」。特に城田は、単なる二枚目俳優から本格派へと脱皮するために、虐待教師をとことん憎々しく演じた。猛暑だった昨夏、蒸し暑い富士山で1カ月間のロケも城田は「逆に撮影に集中できました」。須賀も、映画の過激なキャッチフレーズ「先生なんて殺しちゃえ」に忠実に従った。
 188センチの城田が、身長差約40センチの須賀を踏みつぶすように虐待するシーンは、身震いするほど非情。気弱な少年が、窮地を乗り越えて自立する姿を描く物語のカギは、城田の残忍な演技にかかっている


posted by ぴかまま at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。