2008年05月06日

仲間由紀恵さん(ごくせん)★生徒との距離 私が縮める

仲間由紀恵さん(ごくせん)★生徒との距離 私が縮める

 すっかりおなじみとなったジャージー姿。「ものすごくしっくりきている自分を、どこかに感じてしまいます」と苦笑する。

 だがそれは、第2シリーズの平均視聴率が28・0%を獲得した人気の証しでもある。3年ぶりの収録現場は、撮影や美術のスタッフが前作と同じこともあってか、いい雰囲気で臨んでいる。「昨日撮っていたなあというぐらい、ブランクを感じさせない。『ごくせん』の世界観ができあがっている感じです」

 一方、ほとんどの生徒たちは平成生まれで、年齢差も広がっている。「3年たったことで、生徒と同じ目線ではなくて、上の目線から見てしまったかな。荒れた学級に落胆する場面は、時の流れを感じて感慨深かった」という。

 その分、「ヤンクミ」は成長しているのだろう。現場では意識して生徒たちに話しかけ、空き時間も彼らと過ごす。「第1、第2シリーズでは、生徒たちが声をかけてくれたことで距離を縮められた。今度は、私がそうしないと」。本当の教師のような温かなまなざしで、言い切った。

 文・小林佑基

 写真・菅野靖

Q ドラマ撮影の空き時間には何をしていますか。

A 生徒たちとダーツをやりました。高木(雄也)君が上手だったような気がしますね。

Q エイサーを演じたことはありますか。(埼玉県・里美さん)

A 沖縄では中学校などでやるので、やったことはあります

Q よく聴く音楽は?(千葉県・マッキーさん)

A 最近はサンタラとか、アクアタイムズとか。Jポップですね。

Q 今後の目標は?

A 一つひとつの役を一生懸命生きていくこと。女性の一生を描く一代記は昨年舞台でやらせてもらえましたが、別の作品でもやりたいです。

ごくせん(19日から 日本テレビ系 土曜後9.00)
 人気シリーズの第3弾。熱血教師「ヤンクミ」こと山口久美子(仲間由紀恵)は、私立赤銅学院高校で問題児ばかりを集めた3年D組で担任を務めることに。共演は小泉孝太郎、平山あや、東幹久ら。

プロフィール
なかま・ゆきえ
 1979年10月30日生まれ。沖縄県出身。ドラマ「トリック」(テレビ朝日系)やNHK大河「功名が辻」に主演。タレント別のテレビCM露出量では、2005年〜07年まで、3年連続で1位(関東地区)。

(2008年4月18日 読売新聞)

日本テレビ・ごくせん

ドラマ成功で映画化が決定した仲間由紀恵のウハウハ

<ごくせん>第2回も24.8%と高視聴率 「ルーキーズ」も2%上昇

「ごくせん」26・4%!4月クール初の大台超え

『ごくせん』第3シリーズ、視聴率26.4%で好スタート


posted by ぴかまま at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。