2008年05月26日

「体調が悪く元気がない」とブログに書く川田亜子が心配

「体調が悪く元気がない」とブログに書く川田亜子が心配
5月20日10時0分配信 日刊ゲンダイ


 元TBSアナウンサーの川田亜子(29)を心配する声が上がっている。
 美人アナとしてバラエティーを中心に活躍しながら、昨年4月に華々しくフリーに転身したはずだったが……。

「発端は彼女のここ10日間ほどのブログです。“うまくしゃべれない”“仕事に行きたくない”といった後ろ向きな内容でした。さらに、数日後にその書き込みがすべて削除され、14日にはブログ休止宣言をした。そのため、ファンの間で“どうしたんだ?”と話題になったんです。しかも、彼女はその日のうちに“自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね。こっそり書いてしまいました”と休止を撤回した。どうなっているのか」(芸能関係者)

 そんな中、川田は14日に同系列の事務所に所属する坂口憲二と蛯原友里が出演したCM発表会の司会として公の場に現れた。そこでも、「ほおがやつれていたし、伏し目がちで元気がなかった。アナウンスも棒読みだし、自分のMCが終わるとステージの端でため息をついていた」(マスコミ関係者)という。

 現在、川田のレギュラーは「がっちりマンデー!! 」(TBS)と「サタデースクランブル」(テレビ朝日)の週2本。報道番組を志望して華々しくフリーに転身した川田にしてみれば、「こんなはずじゃなかった」という心境なのかもしれない。

 16日、川田はブログで、「体調が悪く、元気がないなか、仕事を下さった方、一緒に仕事をして下さる方、みなさんに感謝の気持ちと元気になりました。と報告したく、書かせていただきました」とつづっているが、まだまだ周囲の心配は続きそう。早く元気いっぱいの姿を見せて欲しい。

最終更新:5月20日10時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080520-00000001-gen-ent


<2007年3月5日、日刊スポーツ紙面から>

 TBS川田亜子アナウンサー(28)が23日付で退社することが4日、分かった。今後はフリーアナウンサーに転身する。退社理由について、周囲には「今はバラエティーが中心だが、報道をもっとやりたい。外の取材にも、もっと出たい」と話している。

 川田アナは02年に入社。163センチのスラリとしたスタイルで、学生時代は客室乗務員を志望した。英検と仏検で2級を取得し、語学も堪能だ。白百合女子大在学中にアナウンサーにも興味を持ち、TBS入りした。ただし、アナウンサー養成学校など基本的な準備はなかったため、入社後は苦労した。2年目にはストレスから急性胃腸炎で倒れたこともあったが、持ち前の明るさとバイタリティーで乗り切ると、人気アナウンサーに急成長。現在は主にバラエティー番組を担当し、「あこちゃん」の愛称で慕われている。

 フリー転身後も、現在TBSで担当する「がっちりマンデー!!」(日曜午前7時半)「ネプ理科」(火曜午後11時55分)は引き続き出演する予定。

 ◆川田亜子(かわだ・あこ)1979年(昭54)1月17日、石川県生まれ。白百合女子大卒業後、02年にTBSに入社。バラエティー番組を中心に活躍し、現在はテレビ5本、ラジオ1本を担当する売れっ子。同期に山田愛里アナがいる。趣味はスポーツ観戦、将棋、散歩。163センチ。

 [2008年5月26日11時18分 紙面から]




posted by ぴかまま at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報・川田亜子さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。