2008年05月28日

永作博美、6年ぶりの連ドラ主演で“魔性の女”演じる

永作博美、6年ぶりの連ドラ主演で“魔性の女”演じる
5月28日8時0分配信 オリコン

永作博美

 女優・永作博美が7月にスタートするテレビ朝日系ドラマ『四つの嘘』(木曜、午後9:00〜)に主演することが27日(水)、明らかになった。作家・大石静の同名小説を、大石自らが脚本を手がけドラマ化する同作で“魔性の女”を演じる永作は、02年に放送されたテレビ朝日系『婚外恋愛』以来、約6年ぶりの連続ドラマ主演となる。

「18年目の初主演を笑うな」永作博美、再評価のワケ

 永作演じる41歳の詩文は、高校時代のクラスメート・美波(羽田美智子)の恋人・河野を奪って結婚するが、娘を出産してすぐに離婚する。やがて、美波が河野とともに事故死したことをきっかけに、同じくクラスメートだった満希子(寺島しのぶ)、ネリ(高島礼子)と再会。美波の事故死の謎から、それぞれの家庭の秘密が暴かれていく。

 大石とは06年のNHK大河ドラマ『功名が辻』以来の“タッグ”となる永作は「大石さんの脚本には、大河ドラマをさせていただいた時から笑わせてもらいました。またどんな特異な女たちを書いてくれるのか…怖いです(笑)」と語っている。

 あどけなさと大人っぽさが醸しだす“小悪魔的”な魅力をもつ永作は、『第17回日本映画批評家大賞授賞式』『報知映画賞』『キネマ旬報ベストテン』『ヨコハマ映画祭』『ブルーリボン賞』の各映画賞で助演女優賞を受賞し5冠を達成するなど最近は映画での活躍が目立っていたが、同ドラマ出演でお茶の間を虜にしてくれそうだ。



タグ:永作博美
posted by ぴかまま at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。