2008年02月11日

鶴田真由、台本読んで涙…「恋する彼女、西へ。」舞台あいさつ

鶴田真由、台本読んで涙…「恋する彼女、西へ。」舞台あいさつ
舞台あいさつを行った池内博之、鶴田真由、小林桂樹 

女優の鶴田真由(37)が9日、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で主演映画「恋する彼女、西へ。」(酒井信行監督)の公開初日舞台あいさつを行った。

 広島を舞台に、原爆投下直前の時代からタイムスリップした海軍将校(池内博之=31)に恋をするラブストーリー。鶴田は「簡単なあらすじを聞いたときは、安っぽいSF映画になったら嫌だなと思ったけれど、台本読んだら涙しました」とあいさつ。池内も「明るく前向きなラブストーリーになっている」と話した。池内の現在の姿を演じた小林桂樹(84)も元気に姿を見せ「最近、年寄りの役が多くなった」と笑わせた。

(2008年2月10日06時01分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080210-OHT1T00069.htm


タグ:鶴田真由
posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。