2008年05月21日

<鶴田真由さん>親善大使としてアフリカ訪問報告 首相に

<鶴田真由さん>親善大使としてアフリカ訪問報告 首相に5月20日20時10分配信 毎日新聞


 28日に横浜市で開幕する「第4回アフリカ開発会議」(TICAD4)の親善大使を務める女優の鶴田真由さんが20日、首相官邸に福田康夫首相を訪ね、大使として今年3月にケニアとスーダンを訪問したことを報告した。訪問後、鶴田さんは記者団に「アフリカの人たちに本当に喜んでもらえるような支援を日本がしてくれたらうれしい」と会議への期待を語った。訪問には緒方貞子国際協力機構理事長が同席した。【木下訓明】

最終更新:5月20日20時10分

鶴田真由 ケニア難民キャンプ訪問

ケニア中部ナクルの避難民キャンプの学校で、子どもらに囲まれ笑みを浮かべる鶴田真由
Photo By 共同

 5月に横浜市で開かれる第4回アフリカ開発会議TICAD)の親善大使を務める女優の鶴田真由が30日、大統領選後の混乱に伴い多くの国内避難民が出たケニア中部ナクルの避難民キャンプを訪問した。

 鶴田は在ケニア日本大使館員らの案内でキャンプ内を視察。キャンプにある学校では、子どもらが歌を歌って歓迎し、鶴田は満面の笑みで応えた。鶴田は「日本からアフリカは遠いが、いかに遠いところに住んでいても(平和など)人が望んでいることは(われわれと)同じだと感じることが大切だ」と語った。

 ケニアでは昨年末の大統領選以降、民族対立が激化し、死者1000人以上、避難民30万人以上が出る暴動に発展した。混乱が収まった今でも、恐怖で家へ帰れない人々が避難生活を余儀なくされている。鶴田は4月1日から3日まで、国連平和維持活動(PKO)が展開中のスーダン南部ジュバを訪れ、日本の非政府組織(NGO)メンバーらと意見交換する。 (共同)




「アフリカ開発会議」親善大使に鶴田真由さん−横浜で5月に開催
第4回アフリカ開発会議」の親善大使委嘱状交付式
 今年5月に横浜で開催される第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)の親善大使に女優の鶴田真由さんが決定し、2月13日外務省で委嘱状交付式が行われた。
 
 鶴田さんは神奈川県出身で、テレビ番組の取材などでアフリカを多数訪問しており、現地の水問題について取材するなど、アフリカに造詣が深いことから大使に選ばれた。今後、市民の関心を高める広報事業を担う。鶴田さんは「この機会にさらにアフリカについて勉強し、広報に尽力していきたい」と話した。
 
 交付式には高村正彦外相や、中田横浜市長、アフリカ外交団長のムタンゴ駐日タンザニア大使らが出席。高村外相は「実際に厳しい自然環境下でアフリカの諸問題をご覧になっている『アフリカ通』の鶴田さんに、広く我が国市民に積極的に情報を発信いただき、国市民の関心を高めていきたい」と期待を寄せ、委嘱状を手渡した。
 
 アフリカ開発会議は、日本政府が、国連や世界銀行などと共催するアフリカの開発をテーマにした会議で、これまで1993年から5年に1回、東京で開催されてきた。東京以外での開催は、来年の横浜が初めて。2003年の第3回会議では、アフリカ諸国のほか欧米の援助国、アジア諸国や国際機関など89か国、47機関から24人の首脳を含む1,000人以上の参加者があった。http://www.hamakei.com/headline/3011/



posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。