2008年06月04日

織田裕二 3年半ぶり熱血教師で月9に帰ってきたぁ〜

織田裕二 3年半ぶり熱血教師で月9に帰ってきたぁ〜 

俳優の織田裕二(40)が、7月スタートのフジテレビ月9ドラマ「太陽と海の教室(仮題)」(月曜・後9時)に主演することが3日、同局から発表された。

 04年の「ラストクリスマス」以来、3年半ぶりの月9となる織田が演じるのは、とてつもない“教師バカ”。湘南の有名進学校で、受験勉強一筋の高校3年生たちを明るさといちずさで引っ張っていく。

 学園ドラマもドラマ初主演となった89年のNHK「十九歳」以来、19年ぶり。教師という設定で演じたことはあるが、教職に本格的に取り組む役は初めてで「なんとこの僕が教師をやることになりました。地元でもある湘南の海を舞台に、個性豊かな生徒たちと共に、はじけた楽しいドラマをお届けします」と、今月半ば予定のクランクインが待ち遠しい様子。役に合わせて髪も短くした。

 日テレ系「14才の母」などを手掛けた村瀬健プロデューサーは「たくさんの当たり役、代表作をお持ちの織田さんに、真正面から教師という職業に取り組んでいただき、新たなキャラクターを生み出していただきたい」と期待する。

 生徒役は岡田将生(18)、北乃きい(17)をはじめ、ドラマ初出演の4人組ダンスユニット「Lead」の鍵本輝(19)、ブレーク中の山本裕典(20)ら個性派が名を連ねている。


(2008年6月4日06時01分 スポーツ報知)

木村拓哉と張り合う織田裕二に勝算ありか4月26日

警視庁・東京湾岸署オープンに、『踊る〜』の青島警部が祝電



posted by ぴかまま at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。