2008年06月05日

川田亜子アナの悲惨な最期でわかった!フリーアナの厳しい現実

川田亜子アナの悲惨な最期でわかった!フリーアナの厳しい現実
2008年6月2日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 全国に約1000人いるとされるフリーのアナウンサーは、元TBSの川田亜子アナ(享年29歳)の自殺にうそ寒い思いをしたのではないか。

 川田さんはさまざまな悩みを抱えていたとされるが、要因のひとつは仕事が不安定なことだ。報道志望という理由で昨年4月にフリーに転身し、「サタデースクランブル」(テレビ朝日)などで司会を務めていたのだが……。

「川田さんはフリーの中では恵まれていた方です。『サタデー』のように報道系情報番組も担当できたわけですから。それでもイベントの司会などもこなさなければならず、理想と現実のギャップに苦しんでいたようですが」(関係者)

 中には、元フジテレビの内田恭子のように順風満帆でオファーが殺到するフリーアナもいるが、それはほんの一握り。

 女子アナ評論家の高島恒雄氏はこう言う。

「テレビ局は局アナを抱えているため、よほど人気と実力がない限り、フリーを使う必要がない。そこで彼女らは仕事を選べず、イベントの司会などもこなす。そのうちに、個性と特色が薄れ、ますます仕事が減っていくのです」

 しかも、キー局で年収1000万円以上稼いでいた局アナの多くは、収入も激減する。仕事も減り収入も減る、負のスパイラルというわけだ。


高島彩でさえ他人事ではない

「元日テレの魚住りえはテレビ東京でナレーションなどを担当していますが、年収は500万円程度。元フジの深澤里奈、富永美樹はテレビの仕事はほとんどなく、イベントの司会などがメーン。川田さんが所属する事務所の“先輩”大神いずみはアニメの声優などもこなしている。いずれも収入はあまり多くはないはずです」(女子アナウオッチャー)

 川田さんも局アナ時代に比べて一時的に年収はアップしたが、所属プロの取り分を引くとそれほどではなかっただろう。フリー転向がウワサされるフジの人気アナ、高島彩中野美奈子でさえ、今回の一件は他人事とは思えないはずだ。

【2008年5月30日掲載】

TBSの元女子アナウンサー、川田亜子さんが自殺

「体調が悪く元気がない」とブログに書く川田亜子が心配

昔の彼が忘れられない・・グータンヌーボ(川田亜子)

川田亜子さんの自殺に所属事務所は「本当に驚いているとしか言えません」

内田恭子と“古巣”フジテレビにささやかれる不協和音


posted by ぴかまま at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報・川田亜子さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。