2008年06月07日

綾瀬はるか、質問を聞いていなくてポカーン!サイボーグ役が抜けきれず?

綾瀬はるか、質問を聞いていなくてポカーン!サイボーグ役が抜けきれず?
2008年4月16日(水)7時53分配信 シネマトゥデイ

いつも美しい綾瀬はるか

 15日、ホテル西洋銀座で映画僕の彼女はサイボーグ』の完成会見が行われ、綾瀬はるか小出恵介、そしてクァク・ジェヨン監督が出席。この席で綾瀬は、記者からの質問を聞いていなかったのか返答に窮しポカーンとする一幕もあった。

 同作でサイボーグになりきる熱演を披露した綾瀬は、クァク・ジェヨン監督との仕事について感想を求められ、マイクを握るも「えっと何でしたっけ……」と思わず無言に。その固まった表情は、まるで映画の中の無感情なサイボーグそのままで、記者席からは思わず笑いがもれた。隣に座る小出や司会者から助け舟が出ると、やっと綾瀬は「監督はとてもチャーミングな方」と照れくさそうに答えていた。

 また、サイボーグならではの怪力で小出演じる主人公を殴るシーンについては「普段あまり人を殴る機会がないので、楽しかった(笑)」と語り、意外に猟奇的な素顔を披露。実際に小出をおんぶして100メートルほど歩くシーンもあるが「力には自信あるんです!」とそのかわいらしいルックスからは想像できない、パワフルな一面ものぞかせていた。

 『僕の彼女はサイボーグ』は孤独な大学生(小出)が、未来からやって来たサイボーグ(綾瀬)と恋に落ちるという切ないラブストーリー。すでに日本をはじめ、韓国、香港、マカオ、台湾、シンガポールなどアジア10か国での公開が決定している。

映画『僕の彼女はサイボーグ』は5月31日より、サロンパス ルーブル丸の内他全国松竹東急系にて公開
オフィシャルサイト http://cyborg.gyao.jp/

-------------------

綾瀬はるか「人を殴ってみたい」

2008年4月15日(火)19時50分配信 J-CASTニュース

小出さんを「持ち上げ」て笑顔の綾瀬さん [ 拡大 ]


-PR-
女優の綾瀬はるかさん(23)と俳優の小出恵介さん(24)が主演する映画「僕の彼女はサイボーグ」の完成発表会見が2008年4月15日、東京都内で開かれた。パワフルなサイボーグ役を演じた綾瀬さんは「人を殴ってみたい」と話して、笑わせた。

新作映画「僕の彼女はサイボーグ」で小出恵介と共演

メガホンをとったのは、日本でもヒットした韓国映画「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督。

「日本で初めての映画で、嬉しく思っています。今後は、日本の監督と思って見てもらえれば」
とあいさつした。

同作品は、綾瀬さん演じる「サイボーグ」(人間に似せて作られた人造人間)に、小出さん演じる青年が想いを寄せる様子を描いたSFラブストーリー。

作品中は、サイボーグの「大胆さ」や「パワフルな様子」が強調されている。印象に残ったシーンについて、小出さんは

「サイボーグが立って寝ている時、自分が胸を『チラ見』しようとして、サイボーグに気付かれて天井まではたき上げられて床まで落下する、というシーン。ワイヤーは付けてあったんですけど……」
とふり返った。一方、綾瀬さんは

「普段、人を殴ったりする機会がないので、(また)やってみたいです」
と話し、会場をわかせていた。

フォトセッションでは、サイボーグの「力強さ」にちなんで、綾瀬さんが小出さんを持ち上げる様子が再現された。

同作品は、日本を含めて10か国での公開が決定しており、国内では5月31日に全国松竹・東急系の劇場で公開される。



posted by ぴかまま at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。