2008年06月07日

綾瀬はるか、鼻の負傷、リアルな気絶の…ど根性に周りは驚嘆!

綾瀬はるか、鼻の負傷、リアルな気絶の…ど根性に周りは驚嘆!
2008年6月2日(月)13時10分配信 シネマトゥデイ

監督も2人のたくましさを絶賛

 31日、映画僕の彼女はサイボーグ』の初日舞台あいさつが行われた。会場のサロンパスルーブル丸の内には、大阪で午前中に舞台あいさつを終えたばかりの主演の綾瀬はるかと小出恵介、クァク・ジェヨン監督が登壇、撮影時のエピソードなどを語った。

 映画初主演の綾瀬は「やっと公開でドキドキしています」と緊張した面持ち。サイボーグを演じるにあたって、「ムダな動きやまばたきをしないように気をつけました」とのこと。あまりにまばたきをしないので、クァク・ジェヨン監督はもともとまばたきをしない人なのかと勘違いしたほどだったという。一方小出は「今までで一番怖い監督、過酷な撮影で最初はどうなることかと思ったけど、今は自信を持って面白い作品だと言えます」と胸を張った。

 これまで映画『猟奇的な彼女』などのヒット作を手掛けてきたクァク・ジェヨン監督は「綾瀬が撮影中に鼻をぶつけて赤くはれた。病院へ行くよう勧めたが、日本人女優はかよわいと思われたくない、と涙をこらえていたよ」と語った。小出についても「彼が車にぶつかって落ちるシーンでは、本当に気絶してるんです。がんばって熱演してくれました」とそれぞれのエピソードを明かし、2人の健闘を称えた。

 ラブストーリーということにちなんで、司会者が主演の2人に理想の恋愛の形は? と質問すると、綾瀬はちょっと困った表情で「お互いを思いやり、高めあっていけたら」とコメント。小出は「沈黙が大丈夫な人がいいですね(笑)。しばらく恋愛してないから感覚がよみがえってこなくて……」と語り、照れた様子を見せていた。

 『僕の彼女はサイボーグ』は、男子大学生と、彼を救うために未来からやって来たキュートなサイボーグとの愛の行方を描くラブストーリー。

映画『僕の彼女はサイボーグ』はサロンパスルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にて全国公開中
オフィシャルサイト http://cyborg.gyao.jp/

“サイボーグ”綾瀬 ケガしてもガマン

「日本女優が弱いと思われたくない」 綾瀬はるか「女優魂」披露

綾瀬はるか、質問を聞いていなくてポカーン!サイボーグ役が抜けきれず?

新作映画「僕の彼女はサイボーグ」で小出恵介と共演




posted by ぴかまま at 04:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。