2008年05月24日

遼あと2打足りず3戦連続予選落ち…男子ゴルフ

遼あと2打足りず3戦連続予選落ち…男子ゴルフ
5月23日19時19分配信 スポーツ報知


 ◆男子プロゴルフツアー マンシングウェアKSBカップ第2日(23日、岡山・東児が丘マリンヒルズGC、パー72) 第2ラウンドを行い、昨年度覇者の石川遼(16)=パナソニック=は1イーグル、4バーディー、1ボギーの67と巻き返したが、通算1オーバー77位で2打及ばず3戦連続の予選落ちした。

 谷原秀人(29)=フリー=が12アンダーで単独首位に立った。

 石川はインからスタートし、10番、11番は前日と同様にティーショットが右に大きく曲がったものの、パーにまとめた。15番はイーグルパットがわずかに外れてバーディー。5番は10メートルを1パットで沈めてイーグル。続く6番でもバーディー。予選通過には2打足りなかったが、この日のスコア67は単独首位に立った谷原と同じ。「自信になった。これ以上は目指しても出るものじゃない」と話した。

 石川遼「あと2日間プレーしたかったけど…。同じコースで昨日より11打も良かった。来週は初日から必ずできると信じている」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080523-00000203-sph-spo

石川遼、体力不足を痛感!ゴルフの神様から一喝!?2月5日
石川遼が「全英オープン」予選会に向けて豪州へ!1月28日
石川遼、慣れ親しんだヨネックスと総合契約!01/25
遼クン、10日にプロ宣言…初戦は「全英オープン豪州予選」1月9日
遼クン最終戦にパパがキャディー立候補11月1日
遼クン「プロ初」予選落ち/男子ゴルフ10月12日
遼くん来年にもプロ転向!!父が示唆9月11日

ゴルフ・石川遼
posted by ぴかまま at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼

2008年02月06日

石川遼、体力不足を痛感!ゴルフの神様から一喝!?

石川遼、体力不足を痛感!ゴルフの神様から一喝!?
2月5日19時3分配信 ゴルフダイジェスト・オンライン


オーストラリアで開催された「全英オープン」の予選会。

石川遼の出場により大きな注目を集めていたが、36ホールの長丁場に「今までのラウンドの中で一番疲れました。どこかが疲れると、スイングがすぐに崩れる。体力がないなあ、と感じました」と下位に沈み、上位4名に与えられるメジャー出場権を手にできなかったことに対し「すごく悔しいです」と、感情をあらわにしていた。

前半18ホールを終えた時点では、1アンダーの10位タイ。「18ホールを終えて、初めてアンダーだと気が付きました。それくらい必死でしたね。本当にチャンスはあるな、と思っていました」と石川。後半にスコアを崩してしまったことが、悔しさに一層の拍車をかけているのだろう。

プロデビュー戦を終えたことに対しての収穫を聞かれると、しばらく沈黙。「(収穫は)あったと思いますが、今は悔しいという思いがあるので考えられません」と話した一方、課題に関しては「ドライバーでしょう」と即答していた。

「ゴルフの神様に、まだまだオマエには早い、と言われた感じです」と話す石川の表情には、やはり悔しさがにじみ出ていた。次戦は、2月8日(金)にハワイで開催する男子の海外競技「パールオープン」。「試合感が鈍っていない分、自分が(他のゴルファーと比べて)有利なのでは、と思います。すごく楽しみですね」と笑顔を見せた。"初イーグル"で魅せたプロ初戦。プロ2戦目、今度はどんな"初モノ"を見せてくれるのだろうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080205-00000006-gdo-golf
タグ:石川遼
posted by ぴかまま at 04:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼

2008年01月29日

石川遼が「全英オープン」予選会に向けて豪州へ!

石川遼が「全英オープン」予選会に向けて豪州へ!1月28日21時43分配信 ゴルフダイジェスト・オンライン


石川遼が28日(月)、2月5日(火)に行われる海外メジャー「全英オープン」の予選会に出場するため、会場のあるオーストラリアに向けて出発した。プロ転向後で初の試合とあって、成田空港にはたくさんの報道陣が詰め掛けた。
石川遼の写真

会見で、「シーズンオフにはトレーニングをしっかりやりましたし、どれだけ結果が出るか楽しみです。ドライバーの飛距離に期待したいですね」と石川。南半球に位置するオーストラリアは、現在は夏真っ盛り。「真冬から真夏になるので、スイングを調整したい」と話した。

石川の海外メジャーデビューは、決して夢物語ではない。予選会には28日現在、54人がエントリー。1日で36ホールをプレーし、そのうち上位4人がメジャーへの切符を手に出来る。しかも、ワールドランキング433位の石川は上から数えて9番目の位置。予選を突破し、夢の舞台に立てる可能性は十分あるのだ。

そのことは本人も察知しているようで、「本音を言えば、(ランクは)思ったより上にいるな、と思いました。でも、ほとんどが洋芝に慣れているオーストラリアの選手ですし、1日1日、中身の濃い練習をして他の人より頑張らないと。ランキングは参考になりません」と、自身を戒めていた。

クラブに関しては、「ドライバーを2本持っていきます。1つは硬いやつです。あとは、2番アイアンのシャフトをスチールからカーボンに変えたぐらいですね」と、クラブセッティングを通常と変えて臨む予定。「予選突破は、始めは10パーセントぐらいだと思っていましたが、今は30パーセントかな。低いかもしれないけど、可能性はあると思います」と心強い言葉を残していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000002-gdo-golf

)石川遼、慣れ親しんだヨネックスと総合契約!01/25
posted by ぴかまま at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼

2008年01月09日

遼クン、10日にプロ宣言…初戦は「全英オープン豪州予選」

遼クン、10日にプロ宣言…初戦は「全英オープン豪州予選」
1月9日8時1分配信 サンケイスポーツ


 ツアー最年少優勝記録を持つ石川遼(16)=東京・杉並学院高1年=が10日にプロ転向を表明することが8日、明らかになった。都内のホテルで記者会見を行う。

 昨シーズン、アマチュアとしてツアー8試合に出場した遼クンは、年末からプロ転向への強い意欲を示していた。父でコーチの勝美さん(51)の賛同も得て、決意を固めたもの。

 今月28日には「全英オープン豪州予選」(2月5日、シドニー)に向けて旅立つ。その前に用具契約、所属契約などを完了させておきたいという事情から、当初は来週以降に予定していた「プロ宣言」を早めた。これにより、全英オープン豪州予選が遼クンのプロデビュー戦になる。続いて、2月8日開幕の「ハワイ・パールオープン」(米ハワイ州)に出場する予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080109-00000037-sanspo-spo
タグ:石川遼
posted by ぴかまま at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼

2007年11月09日

谷口徹が単独首位=アマの石川、3戦ぶり予選通過−VISA太平洋ゴルフ

谷口徹が単独首位=アマの石川、3戦ぶり予選通過−VISA太平洋ゴルフ
11月9日16時31分配信 時事通信


 【男子ゴルフ・三井住友VISA太平洋マスターズ】第2日(9日、静岡・太平洋クラブ御殿場、7246ヤード=パー72、賞金総額1億5000万円、優勝3000万円)初日5人の首位の中から谷口徹がボギーなしの6バーディーで66をマークし、通算11アンダーの133で単独トップに抜け出した。2打差でブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、さらに1打差でアダム・スコット(同)がつけた。片山晋呉、中嶋常幸は通算4アンダーの18位グループ。
 アマチュアの石川遼(東京・杉並学院高)は4バーディー、4ボギーの72で、通算3アンダーの28位でプロツアー3試合ぶりの予選通過を果たした。
 通算3オーバーまでの61選手が決勝に進んだ。

タグ:石川遼
posted by ぴかまま at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼

2007年11月01日

遼クン最終戦にパパがキャディー立候補

遼クン最終戦にパパがキャディー立候補11月1日9時23分配信 日刊スポーツ

日本シリーズで、遼クンのキャディーを熱望する父勝美氏

 「遼クンパパ」が「さくらパパ」になる!? 男子ゴルフ石川遼(16=杉並学院1年)の父勝美氏(51)が10月31日、今季最終戦日本シリーズJT杯(11月30日開幕、東京よみうりCC)での石川のキャディーに立候補した。日本ツアーの祭典に、史上初のアマチュアとして出場する愛息に至近距離からアドバイスを送るのが狙い。当の遼クンは及び腰だが、実現すれば女子ツアーの横峯さくら(21)と父良郎氏(47=参院議員)に匹敵する名物「親子タッグ」の結成となる。
 石川家でも、横峯家ばりの親子バトルがぼっ発? 「遼クンパパ」勝美氏が、切実な思いを吐露した。「日本シリーズでは私が遼のキャディーをして、試合中にアドバイスしたいんですよ。ロープの外からだと(大ギャラリーで)遼のプレーを見ることもできなくなりそうで…」と打ち明けた。
 だが、師でもある父の提案に、遼クンは引き気味だ。5月の優勝時からのツアー5試合すべてコンビを組んだ塘田(とうだ)隼也氏(21)を信頼している。「お父さんが横にいたら緊張しちゃうので、ちょっと遠慮したいですね」。
 ゴルフでは競技中の選手に、助言や指導できるのはキャディーだけ。石川は2週前のブリヂストンオープンで、初日4アンダー68と好発進も、2日目に18打も悪い86をたたき最下位で予選落ち。父としてコーチとして「遼のことは誰よりも知っている」勝美氏には「あの時、何か言ってやれたら…」との思いがある。
 石川はこの日、大会会場の東京よみうりCCを生まれて初めてラウンド。通常のパー72(大会では70)の設定で5バーディー、2ボギーの69で回った。ショットも安定感を取り戻し「初めてのコースで60台を出したことは、あまりないです」と喜んだが、父の申し出には戸惑いを隠せない。
 意欲満々の勝美氏の心配はスタミナ。「私に、4日間バッグを担ぐ体力があるかな。今から鍛えて間に合うかな」。横峯親子は、さくらが「お父さんは歩くのが遅い」と文句を付けるのが常だったが、同じような光景が繰り広げられるかもしれない。【大石健司】

最終更新:11月1日10時27分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000018-nks-golf
posted by ぴかまま at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼

2007年10月12日

遼クン「プロ初」予選落ち/男子ゴルフ

遼クン「プロ初」予選落ち/男子ゴルフ
10月12日17時40分配信 日刊スポーツ


<男子ゴルフ:日本オープン>◇2日目◇12日◇神奈川県・相模原GC東コース(7259ヤード、パー72)◇賞金総額2億円(優勝4000万円)
 石川遼(16=杉並学院1年)が、通算8オーバーの65位で予選落ちした。初日の5オーバー65位からの巻き返しを期した前半9ホールは積極的な攻めが奏功し、イーブンパー。しかし、後半はショットが左右にぶれて3オーバー。初出場のメジャーで、カットラインに1打及ばす、プロツアー出場4戦目で初めて決勝ラウンドに進めなかった。
 横尾要(35)が通算5アンダーで初日からの単独首位を堅持。2打差の通算3アンダーに2位で片山晋呉(34)。さらに1打差の3位に、小田孔明(29)とウェンチョン・リャン(29)が並んだ。

最終更新:10月12日20時26分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000013-nks_fl-golf
posted by ぴかまま at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼

2007年09月11日

遼くん来年にもプロ転向!!父が示唆

遼くん来年にもプロ転向!!父が示唆
9月11日7時0分配信 スポーツニッポン

埼玉県アマチュア選手権初日、10番、第2打地点で残りのグリーンまでの距離を測る石川遼

 石川遼(15=東京・杉並学院高1年)が来年にプロ転向する可能性が浮上した。

JGTO(日本ゴルフツアー機構)は10日、5月のマンシングウェアKSBカップ優勝で得たシード権の凍結を要望する文書が石川サイドから届いたことを受け理事会で協議したが結論に至らなかった。

これに対して、父・勝美さん(50)は認められなかった場合、来年にプロ転向する可能性を初めて明言した。

この日は埼玉県アマチュア選手権(埼玉・岡部チサンCC美里C)が行われ、2連覇を狙う石川は2アンダーの70で首位発進した。

 石川のプロ転向の時期について、父・勝美さんが初めて「来年」という言葉を口にした。「認められないのなら、来年プロ転向することもあり得るし、アメリカに行くかもしれない。すべての可能性が考えられる」。条件付きながら、来年から男子では史上初の高校生プロとして活動する可能性に初めて言及した。

 石川はこれまで、学業との両立のため、早期のプロ転向は否定してきた。転向は早くても、アマチュアの大会が一段落する高校3年(09年)秋の方向で検討してきたが、それまで待てない事情も石川サイドにはある。

 ルール上、優勝シードは「その年と翌年から2年間」。しかし、アマチュアには適用されないため、現状では、石川がプロの試合に出場するには主催者推薦を受けるしかない。プロ宣言をした時点でシード権を行使できるが、同時に杉並学院高の一員としてアマチュア大会に出場できなくなるジレンマがある。

 マンシング優勝で得たシード権の有効期限は、09年いっぱいまで。09年秋にプロ宣言したとしてもプロのシーズンは終盤で、シード権を行使して出場できるのは数試合。その限られた試合で翌年以降のシード権を確保するのは至難の業で、卒業後のプロ生活に支障が出てしまうのだ。

 そのため勝美さんらはこれまで、非公式にシード権を1年、もしくは2年間凍結し、高校卒業後の10年に復活させて再び行使できるように要望してきた。JGTOはこの日、石川サイドから正式に要望文書が届いたことで理事会で協議。だが「出場資格の問題なので慎重に議論したい」と結論を先送りし、来月以降の理事会で再度、議論することを決めた。


 仮にシード権凍結が認められず、来年、プロ転向すれば丸々2年間、プロツアーに出場できる。その間、優勝すれば翌年から2年間、賞金ランク70位以内に入れば翌年の1年間、シード権を継続できる。09年末で現在持っているシード権が消滅しても、シード権を継続するための試合数と時間は十分にある。せっかく獲得したシード権を有効に使いたいというのが石川サイドの意向だ。

 石川自身はホールアウト後の会見で「1年伸びるとどういうメリットがあるのか、自分でよく分かってないんです」と話したが「もし1年伸びたら高校卒業してもシード権があって…。それは相当違いますね」と笑った。「勉強もしたいですし、高校も楽しい」と話す石川だが、JGTOがシード権凍結を承認するかどうか。今後の展開次第では来年からプロの荒波に身を投じることにもなりそうだ。

 ▽プロツアーの出場資格 ゴルフはプロ宣言すれば誰でもプロ活動が可能だが、それだけでは大会に出場できない。優勝シード(2年)、賞金シード(1年)などのシード権を持っていない選手がプロのツアー競技に出場するには、年に1回行われるツアー予選会を突破しなければならない。プロテストも実施されているが、プロライセンスとツアー出場資格は関係ない。

最終更新:9月11日7時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000035-spn-spo
posted by ぴかまま at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・石川遼
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。