2007年11月07日

沢村一樹「働きマン音頭」で歌手デビュー 

沢村一樹「働きマン音頭」で歌手デビュー 

日テレ系ドラマ働きマン」(水曜・後10時)のエンディング曲「働きマン音頭」を歌う「働木満」(はたらき・みつる)が、俳優の沢村一樹(40)だったことが6日、分かった。沢村は28日にCD発売される同曲で歌手デビューする。

 ♪一つ人より働いて 二つ不満は口にせず―という数え歌。振り付けを担当したパパイヤ鈴木(41)がドラマの最後に“おやじダンサーズ”と登場。主演の菅野美穂(30)のバックで同曲に合わせコミカルなダンスを披露するが、沢村は歌声だけの“シークレット出演”だった。

 当初は演歌歌手やお笑いタレントが候補だったが「普通っぽさ」を重視し、編集デスク役で出演する沢村に依頼。沢村は初めてボイストレーニングを受け録音に臨んだ。

 沢村は「僕でよければという気持ちで参加しましたが、CD化されると聞いて驚いています。レコーディングの時はプレッシャーもありました。大変楽しい経験をさせていただきました。働いている人に限らず、あと一歩踏ん張りたいという人に聴いて覚えてもらえたら」と話している。

(2007年11月7日06時03分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071107-OHT1T00066.htm

沢村 一樹さわむら いっき1967年7月10日 -・ファッションモデルとして活躍していたが、1996年に『星の金貨』俳優でデビューする。2000年に結婚、2児の父。
エロ男爵、エロ大王やエロ神様の異名を持つほどのエロ好きで、小学生の頃のあだ名はエロスであった(授業で「愛の神様エロス」と教師が言った瞬間に周りの児童全員が沢村の方を向いたという)。
ブルース・リーの大ファンでもあり、「闘拳シーンの音声を聞けばどの作品のものか分かる」と豪語するほど。
沢村一樹 - Wikipedia
posted by ぴかまま at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜ドラマ★働きマン

2007年10月10日

速水もこみちさん(働きマン)

速水もこみちさん(働きマン
隠れた思い 見せたい
YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 いるいる、こういう若いの、どこの職場にも――思わずそう言いたくなる今回の役は、新人雑誌編集者。

 ファッション誌を作りたいのに週刊誌に配属され、編集部で自分たちの雑誌を「ただのゴシップ誌」と言い捨てる。根拠のない自信を漂わせ、職場の電話も取ろうとしない。だが、悪気があるわけではない。

 「いまどきの若者」と形容されることも多い役どころ。だが、演じ手としてのとらえ方は少し違う。

 「『いまどきの若者』って言われてもよくわかんない。今の若い人はみんなやる気ないの?って思う」

 ドラマは「働くとは何?」がテーマ。周囲が盛り上がっても、一歩引いた姿を見せなければいけない難しさがある。「本当はすごくファッションをやりたくて、世界と互角に渡り合えるファッション誌を出すんだとか、そういう思いはきっとある」。だからこそ、原作や脚本に描かれていない部分をいかに作っていくかが勝負だと感じる。

 周囲から無気力と見られても、仕事への情熱がないはずはない。「働くとは、男にとって逃げられない永遠のテーマ」。自分も、そう思っているから。

文・清岡央

写真・多田貫司

Q 芸能界に入っていなかったら何をしていました?(東京都、のんちゃんのママさん)

A 接客業に興味があります。ウエーターではなく、オーナーとして自分の店を持って。満足して店を出ていくお客さんを「ああ、うまかったんだな」って思いながら送り出したいです。

Q 今後どんな役にチャレンジしてみたいですか?(神奈川県、ヒロータ教授さん)

A やりたいことがいっぱいありすぎます。とにかくいろいろな、新しいことにチャレンジしたいです。

Q 休みの日は何をしていますか?(神奈川県、こまちさん)

A 海外ドラマを見て過ごすことが多いです。あと、2年くらい前から本格的に湖などに出かけて、バス釣りをするようになりました。釣りをしている間は、すべて忘れて没頭できるのがいいです。

働きマン(日本テレビ系 10月10日から 水曜後10.00)
 雑誌編集者、松方弘子(菅野美穂)は、恋やおしゃれを犠牲にして仕事に没頭する28歳。偉そうな態度の新人、田中邦男(速水)にいらだつことも多いが、仕事最優先の自分に疑問を感じて立ち止まることも……。原作は安野モヨコの漫画。

プロフィール
はやみ・もこみち
 1984年8月10日生まれ。東京都出身。2002年、テレビ朝日系ドラマ「逮捕しちゃうぞ」で俳優デビュー。フジテレビ系「電車男」や同「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」などのドラマに出演した。

(2007年9月28日 読売新聞)

1. 働きマン http://www.ntv.co.jp/hatarakiman/

2. 働きマン - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%8D%E3%81%8D%E3%83%9E%E3%83%B3
3. 「働きマン」公式サイト http://www.hataraki-anime.com/
4. モーニング | 連載マンガの部屋 http://www.e-1day.jp/morning/manga/hatarakiman.html
5. Yahoo!占い - 働きマン特集 http://fortune.yahoo.co.jp/fortune/special/hatarakiman_2006/

posted by ぴかまま at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜ドラマ★働きマン

速水もこみちさん(働きマン)

速水もこみちさん(働きマン
隠れた思い 見せたい
YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 いるいる、こういう若いの、どこの職場にも――思わずそう言いたくなる今回の役は、新人雑誌編集者。

 ファッション誌を作りたいのに週刊誌に配属され、編集部で自分たちの雑誌を「ただのゴシップ誌」と言い捨てる。根拠のない自信を漂わせ、職場の電話も取ろうとしない。だが、悪気があるわけではない。

 「いまどきの若者」と形容されることも多い役どころ。だが、演じ手としてのとらえ方は少し違う。

 「『いまどきの若者』って言われてもよくわかんない。今の若い人はみんなやる気ないの?って思う」

 ドラマは「働くとは何?」がテーマ。周囲が盛り上がっても、一歩引いた姿を見せなければいけない難しさがある。「本当はすごくファッションをやりたくて、世界と互角に渡り合えるファッション誌を出すんだとか、そういう思いはきっとある」。だからこそ、原作や脚本に描かれていない部分をいかに作っていくかが勝負だと感じる。

 周囲から無気力と見られても、仕事への情熱がないはずはない。「働くとは、男にとって逃げられない永遠のテーマ」。自分も、そう思っているから。

文・清岡央

写真・多田貫司

Q 芸能界に入っていなかったら何をしていました?(東京都、のんちゃんのママさん)

A 接客業に興味があります。ウエーターではなく、オーナーとして自分の店を持って。満足して店を出ていくお客さんを「ああ、うまかったんだな」って思いながら送り出したいです。

Q 今後どんな役にチャレンジしてみたいですか?(神奈川県、ヒロータ教授さん)

A やりたいことがいっぱいありすぎます。とにかくいろいろな、新しいことにチャレンジしたいです。

Q 休みの日は何をしていますか?(神奈川県、こまちさん)

A 海外ドラマを見て過ごすことが多いです。あと、2年くらい前から本格的に湖などに出かけて、バス釣りをするようになりました。釣りをしている間は、すべて忘れて没頭できるのがいいです。

働きマン(日本テレビ系 10月10日から 水曜後10.00)
 雑誌編集者、松方弘子(菅野美穂)は、恋やおしゃれを犠牲にして仕事に没頭する28歳。偉そうな態度の新人、田中邦男(速水)にいらだつことも多いが、仕事最優先の自分に疑問を感じて立ち止まることも……。原作は安野モヨコの漫画。

プロフィール
はやみ・もこみち
 1984年8月10日生まれ。東京都出身。2002年、テレビ朝日系ドラマ「逮捕しちゃうぞ」で俳優デビュー。フジテレビ系「電車男」や同「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」などのドラマに出演した。

(2007年9月28日 読売新聞)

1. 働きマン http://www.ntv.co.jp/hatarakiman/

2. 働きマン - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%8D%E3%81%8D%E3%83%9E%E3%83%B3
3. 「働きマン」公式サイト http://www.hataraki-anime.com/
4. モーニング | 連載マンガの部屋 http://www.e-1day.jp/morning/manga/hatarakiman.html
5. Yahoo!占い - 働きマン特集 http://fortune.yahoo.co.jp/fortune/special/hatarakiman_2006/

posted by ぴかまま at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜ドラマ★働きマン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。