2008年10月26日

今年の大河でブレークする女優は原田夏希

今年の大河でブレークする女優は原田夏希2008年10月26日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 昨年のNHK大河ドラマ風林火山」からは、貫地谷しほり水川あさみといった脇役がブレークしたが、「篤姫」から飛び出す人気女優は原田夏希(24)で決まりだ。

 瑛太演じる小松帯刀の妾・お琴役を演じているのが原田。

妾になる前のお琴は芸妓で、京言葉や艶っぽいしぐさが印象的だった。今週は「子供ができました」と帯刀とやり合う。

 原田はポッと出の新人ではない。04年にはNHK朝ドラ「わかば」でヒロインを務めて国民的人気者になった。しかし、その後は連続ドラマに単発出演する程度で、尻すぼみ状態になっていた。そんな原田にとって、お琴の役はようやく巡ってきたまたとないチャンス。

「原田は静岡県でトップの県立静岡高校を経て昨年、明大文学部演劇科を卒業しました。活動を控えていたのは学業を優先していたためで、お琴で注目を集め、これからは一気に露出が増えそうです」(関係者)

 11月公開の映画「イエスタデイズ」ではヒロインも務める。貫地谷、水川に続け!

(日刊ゲンダイ2008年10月23日掲載)

NHK大河ドラマ篤姫

宮崎あおい 紅白司会者に!?
宮崎あおいの収入は5億数千万円!

堀北真希さんインタビュー(篤姫HPより)
堀北真希に恋のうわさ

原田夏希

原田夏希 CM「シオノギ製薬 セデスキュア」 - あの美女はだれ?!

Amazon.co.jp: Vega!―原田夏希ファースト写真集: 野村 誠一: 本
posted by ぴかまま at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年10月06日

『篤姫』視聴率28.1 %、最高記録を更新

『篤姫』視聴率28.1 %、最高記録を更新10月6日16時2分配信 オリコン

篤姫姿の宮崎あおい

 視聴者の声に応え、第1話からの集中アンコール放送を9月29日(月)からスタートさせているNHK大河ドラマ『篤姫』の5日(日)の本放送が、ビデオリサーチの調べで視聴率28.1%(関東地区・番組平均)を記録、これまでの最高記録27.7%(8月17日・9月7日)を更新したことが、わかった。

 『篤姫n>』は、8月17日の放送で視聴率27.7%を記録し『利家とまつ 加賀百万石物語』(02年1月20日放送)の27.6%を抜いて00年代における大河ドラマの視聴率最高記録を更新。

その後、9月7日の放送でも同27.7%を記録。NHK大河ドラマとしては異例の第1話からの集中アンコールもはじまっており、その後の視聴率推移も注目されていた。

 また視聴率は、1月6日の放送第1回より10月5日の放送まで40週連続で20%以上を記録。

過去10年間の大河ドラマにおける視聴率20%超えの最多記録『利家とまつ・加賀百万石物語』の42回に迫る勢いだ。

宮崎あおいの人気はもちろん、幕末ものとしてはわかりやすいストーリー展開、そして集中再放送なども手伝って、そのドラマ視聴者は若年層や女性にも広がっているようだ。

NHK大河ドラマ「篤姫」第40回「息子の出陣」

NHK大河ドラマ『篤姫』第25回〜第39回

宮崎あおい号泣 最年少22歳が409日間完走…「篤姫」クランクアップ

NHK「篤姫」最終回前に集中的に再放送
posted by ぴかまま at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年09月28日

<宮崎あおい>「本当に幸せでした」 「篤姫」涙のクランクアップ

<宮崎あおい>「本当に幸せでした」 「篤姫」涙のクランクアップ9月27日20時17分配信 毎日新聞

 宮崎あおいさん(22)主演のNHK大河ドラマ「篤姫」が27日、クランクアップを迎えた。

東京・渋谷のNHK局内で最後の収録を終えた宮崎さんは、第1回からのダイジェスト映像が流されると感極まって落涙。

さらに、篤姫の夫、徳川家定役を演じた堺雅人さん(34)が花束を持って登場すると、思わず泣き崩れる一幕もあったが、「1年2カ月、篤姫を生きることが出来て本当に幸せでした」と笑顔で話した。

 ドラマは放送開始以来、視聴率20%以上を保ち、平均視聴率は24%(関東、関西は22.9%)、最高視聴率27.7%(関東)を記録するなど人気を集めている。この日、最終回(12月14日放送予定)で、宮崎さん演じる天璋院(篤姫)が明治16年、享年49歳で静かにこの世を去るラストシーンが収録された。

 宮崎さんは、堺さんの登場で泣き崩れた理由を聞かれると、「堺さんがいたから、徳川の女になることができた。堺さんでなければ、ここまでの“強い意志”は表せなかった」と説明。「1年やってみて、自然に感情が動くようになった。台本に書いていなくても、私自身が好きになるから、どんどんお芝居もうまくなっていくって言うか……、本当に大好きでした」と告白し会場を驚かせていた。

 宮崎さんは、昨年、俳優の高岡蒼甫さん(26)と結婚したばかり。報道陣から夫からはどのようなサポートを受けたかと質問されると、「今日で終わりだと知っていたので『1年間お疲れさま』というメールをもらいました」とうれしそうに答えていた。【栗原拓郎】


NHK大河ドラマ「篤姫」第39回「薩摩燃ゆ」

NHK「篤姫」最終回前に集中的に再放送

この世のものとは思えぬ妖艶さ満開…若村麻由美を直撃
紅白歌合戦司会者に「松坂慶子」の声…若手女優よりも
posted by ぴかまま at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年09月08日

この世のものとは思えぬ妖艶さ満開…若村麻由美を直撃

この世のものとは思えぬ妖艶さ満開…若村麻由美を直撃
2008年9月3日(水)17時16分配信 夕刊フジ

しっとり大人の魅力の若村麻由美


 女優、若村麻由美(41)が妖しいオーラを放ちながら、ドラマに舞台に、と活躍中だ。

 テレビ東京系の時代劇「刺客請負人」(金曜午後8時)で、刺客稼業を通じて悪と戦う主人公の浪人・松葉刑部(村上弘明)の仇敵・闇猫お吉を演じる。

 長い黒髪と爪、透き通るように白い肌とあでやかな着物−この世のものとは思えぬ妖艶さ。だが、素の若村は「お芝居よりもメークにかかる時間のほうが長いぐらい」と、笑う。謎めいたハードボイルドな役で、刑部と刃を交わす場面もある。

 「子供のころから、男の子とチャンバラごっこをして遊んで、日本舞踊も習ってました。あのころから時代劇の美意識が、きっと好きだったんでしょうね」

 NHK大河ドラマ「篤姫」では、和宮(堀北真希)を見守る母・観行院役。19歳の堀北とは実年齢でも親子ほどの差がある。


 「老け役に憧れているんです」


 2006年公開の映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」では特殊メークもして、老女になりきった。


 若村の役者の原点は無名塾だ。その師・仲代達矢(75)と来年9月から、石川・能登演劇堂で舞台「マクベス」で夫婦役に挑む。能登は合宿でしごかれた思い出の地だ。入塾したころの仲代は黒澤明監督「乱」(1985年公開)で主人公の武将・一文字秀虎を演じていたという。


 「秀虎を背負って、かなりこわかった」


 そう振り返るが、「仲代さんは、塾生がデビューしたら、1人の役者として扱う。共演して、こちらが悪送球を投げても、受け取って返してくれる懐の広い方」と慕っている。


 演じるマクベス夫人は、仲代の亡き妻、宮崎恭子さんが生前「若村にやらせたい」と言ってくれた役。「無名塾に入ったのも、宮崎さんが大好きだったから。とても光栄です」と張り切っている。


 女優業のかたわら、7年前から続けているのが富士山の清掃ボランティア。


 番組でヒマラヤ登山した際にゴミの多さに驚いた経験や、アルピニスト、野口健氏(35)との出会いがきっかけだ。「富士山は眺めているだけで、気持ちよくさせてくれる。その恩返しがしたかったんです」


 最近は青木ヶ原樹海にまで清掃範囲を広げている。演技同様、熱いのだ。

若村麻由美、夫の死から初の公の場
若村麻由美さん、釈尊会会長就任否定
若村麻由美さん夫急死…書面で「今はボーッとした頭
若村麻由美さんの夫・小野兼弘さんが死去

タグ:若村麻由美
posted by ぴかまま at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年08月18日

大河「篤姫」はいよいよ30%超えか

大河「篤姫」はいよいよ30%超えか 2008年8月16日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 北京五輪が始まってからズタズタになっている番組が多いが、ブッちぎりの視聴率を記録したのが大河ドラマ篤姫」である。

10日は最高視聴率の26.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした。

大河ドラマ「篤姫」第32回「桜田門外の変」

 そこで周辺からは30%超えの期待がかかり始めた。次回の17日は「皇女和宮」がテーマ。

いよいよ天璋院を演じる宮崎あおいと和宮を演じる堀北真希の嫁姑の争いが始まるのだ。この2人はドラマの中だけでなく、普段から折り合いが悪く、当初から火花が散るといわれていた。

 また、和宮の生母・観行院を演じる若村麻由美も登場し、中高年男性の楽しみも増える。

惜しむらくは堀北のかつら姿がピンとこないことだろう。似合わない。

 ちなみに、来週は北京五輪は陸上競技が放送される。

(日刊ゲンダイ2008年8月13日掲載)

★★★

注目番組の視聴率(北京五輪・篤姫)

「篤姫」視聴率26・4%、内柴金を上回る

家茂役の翔太 まげ姿に「鏡見るのが嫌」

堀北真希、松田翔太が和宮と家茂の墓参り

篤姫の直筆とみられる短冊発見 大阪の古文書収集家
posted by ぴかまま at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年07月12日

篤姫の直筆とみられる短冊発見 大阪の古文書収集家

NHK大河ドラマ「篤姫」

【関連記事】

・ 「篤姫」堺雅人 将軍の暗愚と正気…二面性使い分ける芝居
・ 堀北真希 “墓前の誓い”  NHK大河「篤姫」で和宮役
・ 常盤、長澤…「09年大河」、気になる配役事情
・ 大河ドラマ「篤姫」絶好調 視聴率20%超 主演の宮崎さんに好感


篤姫の直筆とみられる短冊発見 大阪の古文書収集家7月12日12時10分配信 産経新聞

 激動の幕末を生きた「天璋院篤姫」(1835〜1883)の直筆とみられる短冊を、大阪府池田市の古文書収集家、東田一郎さん(57)が発見した。

記されているのは、篤姫が将軍の正室となる直前の時期の和歌とみられ、徳川将軍家への結婚を前に、平和な世の中を願う思いが詠まれている。専門家は「幕末の時代背景や篤姫の人柄を知る上で価値の高い短冊」と評価している。

大河ドラマ篤姫といったら…宮崎あおい

 篤姫は、薩摩藩島津家の一門に生まれた第13代将軍徳川家定の正室。

家定の死後、天璋院と名乗り、養母として第14代将軍徳川家茂を支え、幕末激動期の江戸城大奥を取り仕切った。

 江戸時代の古文書を収集している東田さんは、大阪市内の骨董(こっとう)品店で、約1年半前に島津久光ら島津家一族の短冊26枚を入手。もともとは、東京にある旧家が先祖代々保管していたものだという。

 東田さんが最近、あらためて短冊を確認したところ、篤姫直筆と思われる短冊を発見。

古文書に詳しい愛知文教大副学長の増田孝教授が現物を確認したところ「筆跡や書かれた年代から間違いなく篤姫直筆の短冊」と鑑定した。

 発見された短冊には「年をへし池の岩ほの亀も猶 うこかぬ御世に契りてやすむ」と記されている。「結婚して年月を経ても平和な世の中で過ごしたい」と幕府政治が弱体化する時代状況のなかで、徳川家の嫁として平和な世を願う結婚前の決意が詠まれている。

 短冊が包まれていた畳紙(たとう)には「御台様御染筆御上り前に拝領 安政三辰年十月」と記されており、安政3(1856)年11月に篤姫が江戸城に入る直前の時期にあたる。短冊に使われている紙には、金泥と銀泥のしま模様が入り、幕末の流行もうかがえるという。

 増田教授は「和歌で当時の政治状況を反映したものは珍しい。年月も記されているため、当時を知るうえでは非常に価値が高い。品格のある筆跡から、素直で賢女だったことがうかがえる」としている。

 発見した東田さんは「島津久光のゆかりの品が欲しくて短冊を入手したが、話題の篤姫のものが入っているとは思わなかった」と話していた。

NHK大河ドラマ「篤姫」

【関連記事】

・ 「篤姫」堺雅人 将軍の暗愚と正気…二面性使い分ける芝居
・ 堀北真希 “墓前の誓い”  NHK大河「篤姫」で和宮役
・ 常盤、長澤…「09年大河」、気になる配役事情
・ 大河ドラマ「篤姫」絶好調 視聴率20%超 主演の宮崎さんに好感

天璋院 - Wikipedia

幕末英傑録 天璋院
http://www.bakusin.com/eiketu/atuhime.html

大河ドラマ 篤姫
http://www3.nhk.or.jp/taiga/

posted by ぴかまま at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年07月05日

徳川慶喜役・平岳大は平幹二朗と佐久間良子の長男

徳川慶喜役・平岳大は平幹二朗と佐久間良子の長男 2008年7月3日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 ついに視聴率25%の大台を超えたNHK大河ドラマ>篤姫」で、密かに注目を集めている役者がいる。

徳川慶喜を演じている平岳大(たけひろ)(33)だ。

「岳大は父が平幹二朗、母が佐久間良子という“サラブレッド”です。舞台経験を積んでいるからセリフ回しがしっかりしているし、身長が高く、顔立ちも整っていて見栄えがする。文武両道に優れた鋭敏な人物で、しかも腹に一物があってクセのある設定の慶喜役を好演しています」(テレビ関係者)

 岳大のデビューは02年と遅かった。高校1年生だった90年7月に渡米。現地のハイスクールを経てブラウン大に進学し、応用数学を専攻した。99年にコロンビア大大学院に進んで公衆衛生学を学んでいたが、外資系金融会社から誘われたことをきっかけに帰国し、就職した。その数カ月後にはソフトバンクに転職。01年6月に退社して役者の道を志した変わり種だ。

「母の佐久間から芸能界入りを猛反対され、一度は違う道に進みました。しかし、会社勤めが性に合わず、父の平の影響もあって俳優を目指すことになった。デビューまでは、父の知人の舞台関係者に預けられ、半年間、徹底指導を受けました。所作を学ぶために、日本舞踊も習っていました」(マスコミ関係者)

 02年に舞台「鹿鳴館」でデビュー。同作は平と佐久間が離婚後、初顔合わせとなった舞台で、岳大にとっては“家族共演”だった。

 その後、父親が演出した「リア王」や「オセロー」、蜷川幸雄演出の「ハムレット」といった舞台を中心に活躍。ドラマも時代劇から現代物まで幅広く出演している。

篤姫」では、指揮者・小澤征爾の息子の小澤征悦が西郷隆盛を演じているが、サラブレッドぶりなら岳大も負けてはいない。

【2008年6月30日掲載】


NHK大河ドラマ>篤姫

NHK大河ドラマ篤姫第23回「器くらべ」その2

家茂役の翔太 まげ姿に「鏡見るのが嫌」
2008年6月24日(火)20時50分配信 スポニチ

posted by ぴかまま at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年06月30日

「篤姫」堺雅人 将軍の暗愚と正気…二面性使い分ける芝居

「篤姫」堺雅人 将軍の暗愚と正気…二面性使い分ける芝居
6月29日11時20分配信 産経新聞

俳優、堺雅人

■NHK日曜午後8時

 大河ドラマ篤姫」で篤姫の夫・徳川13代将軍家定を演じ、なんとも言えない存在感を出している。

 今回の徳川家定は奇妙キテレツな言動を繰り返している将軍。老中の前でせんべいを自ら焼いては皆に振る舞ったり、自分の口に運んで「アッチーッ」といきり立ったり。老中にみかんをぶつけたかと思えば、庭で真剣にアヒルを追いかける。おかめのお面をかぶってかくれんぼもする。まさに、うつけ将軍ぶり全開だ。

・ 「篤姫」のワンシーン

 収録に入ったばかりのころ、徳川家定の描きように「ここまでしたら徳川家の子孫の方に怒られないかな」と若干憂慮していたが、脚本家や演出の方針はそのままゴー。「将軍としての圧倒的な育ちのよさをみせてほしいとのリクエストもあって、どうしたものか」と頭を抱えもしたが、堺なりの家定像を作り上げてきた。

 「徳川家定は暗愚に見えるけど、そうでないときもあるという二つの要素がある。この二面性を使い分ける思わせぶりな芝居は、やっていて楽しかったです」

 将軍であるがゆえの宿命を受け入れた上での暗愚と正気。それが表裏一体となっているところが今回の徳川家定のミソだ。

 「徳川家定のニュートラルな状態って…と考えたとき、少し壁にぶち当たったことがありましたが、ずっと演じているうちに、家定は僕の中でどんどんリアルになっていって、今ではかけがえのない大好きな人物になっています」

 4年前の大河ドラマ新選組!」で、陽だまりのような微笑と心の中に鋭い切れ味の両面を持つ新選組総長・山南敬助を演じて注目された。徳川家定も山南も「初めはよくつかめなかった」が、演じていくうちにその人物の深みに触れて好きになっていったという。

 人間、誰しも自分の中にいくつかの異質な面を持っている。それを表現することは、役者の醍醐(だいご)味かもしれない。そういえば篤姫役の宮崎あおいも、自分が男性だったら演じてみたいドラマの中の役は家定だと話していた。

 徳川家定の真の姿を見抜き、彼の天に向けた叫びに触れた篤姫だが、心を通わせた2人に別れが訪れるのは悲しいくらい早い。その“結末”は7月13日に放送される。(萩原万貴枝)

 ■さかい・まさと 昭和48年10月14日生まれ、宮崎県出身。早稲田大在学中に劇団「東京オレンジ」に入り、役者の道へ。NHK連続テレビ小説「オードリー」で人気は全国区になる。テレビ以外に、舞台「喪服の似合うエレクトラ」「噂の男」「恐れを知らぬ川上音二郎一座」など。この夏は映画「アフタースクール」「クライマーズ・ハイ」「ジャージの二人」と出演作がめじろ押し。

NHK大河ドラマ篤姫第26回「嵐の建白書」(6/29)

NHK大河ドラマ篤姫

堺雅人 今や“ドラマ・映画のヒットの陰にこの男あり”と大評判

堺雅人、本当に新党立ち上げる!?…4・4スタート「恋愛新党」

NHK大河『篤姫』に堺雅人、玉木宏、松田翔太、堀北真希ら決定

堺雅人、映画「壁男」封切り1年半待った 

堺雅人、富田靖子が破局 生活すれ違い…双方事務所否定せず 

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」
posted by ぴかまま at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年06月27日

堀北真希、松田翔太が和宮と家茂の墓参り

堀北真希、松田翔太が和宮と家茂の墓参り 2008年6月24日(火)19時53分配信 日刊スポー

 NHK大河ドラマ篤姫」(日曜午後8時)で和宮演じる堀北真希(19)と、徳川家茂を演じる松田翔太(22)が24日、東京・芝の増上寺に、それぞれの墓参りに訪れた。2人で和宮と家茂の墓に花を添え、お線香をあげた。

 堀北は「歴史上に存在した方を演じるので、特別な思いでお墓参りさせていただきました。本当の真実は、誰も知らないかもしれないけど、私は一生懸命演じさせていただきますと報告しました」。

 松田は「心の中で、僕が演じるのを見守ってほしいと伝えました。かつら姿の自分を見て、最初は恥ずかしいと思いましたが、芝居に浸って自然に思えてきました」と話していた。
 松田は今月8日から放送に登場、堀北は8月17日からの予定。

NHK大河ドラマ篤姫第23回「器くらべ」その2・慶福(松田翔太)登場

日テレ開局記念番組で結果を残した堀北真希
清純派女優・堀北真希、人気のヒミツに迫る!
好調「篤姫」の宮崎あおいがスタッフと衝突か

NHK大河ドラマ「篤姫」

★★★

ホマキにひかれてジャケ買い…1カ月で10万枚の吸引力
2008年6月14日(土)17時6分配信 夕刊フジ

歌わない堀北真希がジャケットを飾る「First Kiss」

歌わない堀北真希がジャケットを飾る「First Kiss」

人気女優の堀北真希(19)を大胆にジャケットに起用した恋愛ソングのコンピレーションアルバム「First Kiss」が、発売から1カ月もたたないうちに10万枚を出荷する大ヒット商品になっている。


 アルバムは「“ファースト・キスの頃”に聞いて、思い出に残っているラブソングは?」というテーマで、22−30歳のOLを中心にとったアンケートと、20代のOLを集めたディスカッション会議の結果をもとに収録曲を決めた。ジャケットのモデルも「ファースト・キスが似合う女優」として若い女性に最も支持を集めた堀北に依頼したという。「1曲も歌わずジャケットに登場するのは極めて異例」(音楽関係者)だ。


 収録された15曲は、宇多田ヒカルの「First Love」(TBS系ドラマ「魔女の条件」主題歌)や、松任谷由実の「Hello, my friend」(フジテレビ系ドラマ「君といた夏」主題歌)など、だれもがドラマやCMで聴いことのある曲ばかり。「収録曲のトータルセールスは、3000万枚を超える」(発売元のEMIミュージック)最強のベスト盤だ。5月21日の発売日には初回出荷5万枚を記録、追加注文が殺到して、たちまち10万枚のオファーに達した。


 「堀北真希にひかれて“ジャケット買い”する男性も増えている」(都内の大手CDショップ)


 撮影したカメラマンの永石勝氏は、「彼女の持つ、ピュアで透明感のある表情、そして、女性が思わずファースト・キスのころを思いだすような表情を切り取りました」と話している。


 【アルバム「First Kiss」収録曲】


 (1)宇多田ヒカル「First Love」(1999)
 (2)椎名林檎「ここでキスして」(1999)
 (3)今井美樹「PRIDE」(1996)
 (4)Every Little Thing「Time goes by」(1998)
 (5)DREAMS COME TRUE「なんて恋したんだろ」(1999)
 (6)CHARA「やさしい気持ち」(1997)
 (7)the brilliant green「There will be love there −愛のある場所−」(1998)
 (8)鬼束ちひろ「眩暈」(2001)
 (9)hitomi「there is…」(1999)
 (10)矢井田瞳「My Sweet Darlin’」(2000)
 (11)松任谷由実「Hello, my friend」(1994)
 (12)華原朋美「I’m Proud」(1996)
 (13)globe「Can’t Stop Fallin’ in Love」(1996)
 (14)相川七瀬「Sweet Emotion」(1997)
 (15)GO!GO!7188「こいのうた」(2000)
posted by ぴかまま at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年06月19日

好調「篤姫」の宮崎あおいがスタッフと衝突か

好調「篤姫」の宮崎あおいがスタッフと衝突か 2008年6月19日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 NHK大河ドラマ篤姫」の宮崎あおい(22)の快進撃に、仲間由紀恵木村拓哉もあおられっぱなしだ。仲間の「ごくせん」(日本テレビ)も木村の「CHANGE」(フジテレビ)も視聴率が低下し、評価がイマイチだが、「篤姫」はここ数週間、ずっと24%台の視聴率をキープし、評判もすこぶるいい。

 そのためなのか、宮崎の増長ぶりが周辺から聞こえてくる。もともと演技では妥協しないタイプで、これまでも演出家とぶつかることが多かったが、「篤姫」で不穏な雰囲気があるという。

「とにかく現場がピリピリしている。『篤姫』には演出を担当するディレクターが何人かいるのですが、そのうちのひとりで若手のホープといわれているディレクターが宮崎とぶつかっている。彼が丁寧にしつこく撮影するので、宮崎が嫌がっていて“あの人、代えてほしい”と周囲に漏らしているというのです。NHKとしては局を支える宮崎の意向は無視できないだろうから、彼を担当から外すしかないかも」(マスコミ関係者)

 実は宮崎は2年前の朝のNHK連続テレビ小説「純情きらり」でもベテランのディレクターと衝突する騒動を起こしている。今の勢いではだれも宮崎を止めることはできないか。

【2008年6月16日掲載】

NHK大河ドラマ篤姫

宮崎あおい、篤姫で初栄冠…第45回ギャラクシー賞

宮崎あおい映画 劇場でメーキング映像

あおい、アヒルと息ピッタリ!アフラック新CM

壊れちゃった?宮崎あおいウ○コに喜々

宮崎あおい、クドカン監督と離れたくない

宮崎あおい、小児がんと闘う子供たちに千羽鶴贈る

宮崎あおいが宮藤作品で主演
posted by ぴかまま at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年05月24日

宮崎あおい、篤姫で初栄冠…第45回ギャラクシー賞

宮崎あおい、篤姫で初栄冠…第45回ギャラクシー賞 

第45回ギャラクシー賞が23日に発表され、女優・宮崎あおい(22)がNHK大河ドラマ篤姫」の演技でテレビ部門個人賞に選ばれた。

昨年4月〜今年3月までに放送された優秀なテレビ・ラジオ番組を表彰する同賞。わずか第13話(全50話)までの演技で受賞することになった宮崎は、大河ドラマ主演俳優としても初の栄冠となった。贈賞式は6月3日に都内で行われる。
(2008年5月24日06時00分 スポーツ報知)

ギャラクシー賞(ギャラクシーしょう)は、放送批評懇談会が1963年に創設した、日本の放送文化に貢献した優秀な番組・個人・団体に贈られる賞である。現在、「テレビ」「ラジオ」「CM」「報道活動」の4部門があり年1回毎年5月に発表しているが、各部門毎に月間賞など独自の賞がある。 事実上、日本国内のテレビ番組作りの最高の栄誉となっている。ギャラクシー賞 - Wikipedia

NHK大河ドラマ篤姫

あおい、アヒルと息ピッタリ!アフラック新CM
posted by ぴかまま at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年04月14日

宮崎あおい、小児がんと闘う子供たちに千羽鶴贈る

宮崎あおい、小児がんと闘う子供たちに千羽鶴贈る

小児がん患者に千羽鶴を贈った宮崎あおい

 NHK大河ドラマ篤姫」に主演している女優・宮崎あおい(22)が12日、都内で行われた「ゴールドリボンウオーキング2008」にゲストとして出席した。

 小児がんと闘う子供たちと家族を支援するイベント。5キロのウオーキングのスタートの号令を掛けた宮崎は「笑っている人のそばにいることがパワーになる。今日もパワーをもらいました」と笑顔を浮かべて、自ら折った千羽鶴を参加者に贈った。

 「篤姫」と平行して映画の撮影も行うなど、多忙な日々を送る宮崎だが「ストレスはありません。仕事が好きなんです。現場で作品を撮って、みなさんにお届けするのが好きなんです。とっても充実して、幸せです」と語っていた。

(2008年4月12日15時17分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080412-OHT1T00159.htm

宮崎あおいが宮藤作品で主演

NHK大河ドラマ「篤姫
posted by ぴかまま at 06:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年04月01日

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」 
3月31日16時53分配信 毎日新聞

りんとした篤姫宮崎あおい)の生き方に共感する女性も多い

 宮崎あおい(22)主演で好調なNHK大河ドラマ篤姫」。

連続ドラマの多くが視聴率低迷の中、毎回20%の大台を超えている。主人公は名のある武将でなく、勇壮な合戦シーンがあるわけでもない。「地味」なはずの題材なのに、なぜ多くの視聴者を引き付けるのか。篤姫人気の秘密を探ってみた。【広瀬登】

宮崎あおい:しとやかな娘姿で内野・勘助とバトンタッチ

 舞台は幕末。薩摩藩主・島津家の分家に生まれたヒロイン(宮崎)が十三代将軍・徳川家定(堺雅人)の御台所(みだいどころ)として大奥入りし、明治維新の際には江戸城無血開城に大きく貢献する、激動の生涯を描く。

 初回(1月6日)の視聴率は20・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、大河ドラマでは過去10年で3番目に低く、決して順風満帆のスタートではなかった。だが、回を重ねるごとに上向きになり、第12回(今月23日)までの平均視聴率は22・7%で、1〜3月の民放連続ドラマで最高だった「薔薇のない花屋」(フジテレビ系)の18・6%を大きく引き離している。

 篤姫人気の秘密はどこにあるのか。制作統括の佐野元彦チーフプロデューサーはこう分析する。「血なまぐさく、常に策謀がうずまく幕末の世でも、実は温かい家族愛があったり、若い男が姫に恋する日常があった。それをきっちり描いたことが(視聴者に)新鮮だったのではないか」

 宮崎も「家族愛」を強調する。「篤姫の心の中にはいつも家族がいる。早く離ればなれになってしまうけれど、どれだけ離れても篤姫にとってかけがえのない大切な人たちであることは一生変わらないし、どこにいても家族を思っている。その気持ちに共感してもらえるのでは」と話す。

 「女の道は一本道」と、人生の節目節目で強い覚悟の言葉を口にする篤姫の生き様も若い女性から高い支持を得ているようだ。慕っていた養育係が突然自殺してしまったり、江戸入りしたもののなかなか結婚できなかったり、将軍の妻という高みに上る一本道で、篤姫はつまずき、大きく道をそれることもある。

 結婚や仕事などの領域で、選択肢が広がった現代の女性も、「自分らしい人生の実現」という太い道を歩きながら、時には迷い、袋小路に入ることもある。倒れても倒れても必ず立ち上がり一本道に帰ってくる篤姫の姿に、女性たちは希望と勇気をもらっているはずだ。

 もちろん、忘れてはならないのは出演陣の名演。老女・幾島役の松坂慶子や養父・斉彬役の高橋英樹らベテランが重厚な演技でがっちりと脇を固めている。「最後まで覚悟を持って篤姫を生きていきたい」という宮崎。チャーミングでありながら、どこかたくあん石をのみ込んだように腹の据わった篤姫から目が離せそうにない。

 ◇大河ドラマ「篤姫」

NHK総合・日曜午後8時(BSハイビジョンは午後6時、BS2は午後10時)、再放送は土曜午後1時5分。原作=宮尾登美子▽脚本=田渕久美子
▽主な出演=宮崎あおい(篤姫)、瑛太(肝付尚五郎、後の小松帯刀)、高橋英樹(島津斉彬)、堺雅人(徳川家祥、後の将軍・家定)ほか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000019-maiall-ent

<大河ドラマ>NHK「篤姫」初回視聴率20.3% 関東1月7日10時56分配信 毎日新聞

宮崎あおい、高岡蒼甫が極秘挙式
宮崎あおい 4歳年上俳優と電撃入籍
宮崎あおい15日電撃入籍
posted by ぴかまま at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年03月20日

大河ドラマ「篤姫」絶好調 視聴率20%超 主演の宮崎さんに好感

大河ドラマ「篤姫」絶好調 視聴率20%超 主演の宮崎さんに好感03/08 16:45更新

宮崎あおいさん(22)が大河ドラマ史上最年少主演するNHK篤姫」(日曜午後8時)が好調だ。前回(今月2日)の視聴率は25・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録、自己ベストを更新した。

“女性大河”としては一昨年の「功名が辻」の平均視聴率(20・9%)をしのぐ勢い…。人気の要因とこれからの見どころをプロデューサーに聞いた。(産経新聞文化部 安藤明子)

 ≪史上最年少の主演≫

 「篤姫」は薩摩藩島津家分家の娘から徳川13代将軍・家定の御台所となり、江戸城無血開城に大きな役割を果たした篤姫(宮崎さん)の波瀾(はらん)万丈の一代記。「男性に大きなウエートがかかる幕末ものを新しい視点で作りたい」と模索していた佐野元彦チーフプロデューサー(CP)が着目したのが、歴史に埋もれた存在だった篤姫にスポットを当てた宮尾登美子さんの小説「天璋院篤姫」だ。
 そして、江戸城大奥から時代の激変を見据えていた篤姫の薩摩での青春時代を詳細に描いた原作を何度も読んだ佐野CPが「篤姫役は彼女しかいない」とほれ込んだのが宮崎さん。「篤姫の人格が形成された10代をリアリティーをもって演じられる女優」として大河史上最年少主演が誕生した。

 ≪50、60年男性も共感≫

 佐野CPの狙いは的中。初回20・3%で始まった“幕末ホーム&青春ドラマ”の視聴率はすべて20%超を記録。

回を追うごとに20〜40代の女性視聴者が増えているのが特徴で、「あおいちゃんの表情が豊か。演技も鮮やか」「分かりやすい幕末もの」「血がたくさん出てきた今までの大河と違い、子供と一緒に見ることができる」などの反響が続々。

大河離れが心配された50、60代の男性からも「わが子の成長を見る思い」「懐かしい家族を見るようだ」といった共感の声が多く寄せられている。

 篤姫が今和泉島津家から島津本家の姫となり、波乱含みの新生活が始まった2月24日からは物語の第2ラウンドに突入。今後も篤姫と教育係の老女・幾島とのバトル、将軍・家定が待つ江戸への出発、父・忠剛の死…など「泣き笑いしてもらえる話」(佐野CP)が展開されていく。

 早くも「(奇行の多い)家定と篤姫がどんな夫婦になっていくか楽しみ」といった反響も寄せられ、視聴率がどこまで伸びるか注目されるが、好調篤姫の最大のライバルになるのが夏の北京五輪中継だ。

 佐野CPは「その時期には和宮をはじめとする女性の公家軍団(堀北真希さんら)が京から江戸に到着しますからね」と“夏の陣”への戦意ものぞかせた。

                   ◇

 ■次回のあらすじ
 第10回「御台所への決心」(NHK総合=9日午後8時)
 斉彬(高橋英樹)から、篤姫(宮崎あおい)を次期将軍家祥(堺雅人)に嫁がせたいという野望を聞かされた幾島(松坂慶子)は、篤姫への教育を徹底的に行う。しかし、そうした事情を一切知らされていない篤姫は一向に興味を示さない。とうとう斉彬は篤姫に、篤姫が将軍家正室=御台所(みだいどころ)候補となっている事実を明かす。その夜、篤姫は城からの脱走を図る。


「篤姫」女性の心つかむ 視聴率20%超 主演の宮崎あおいに好感
宮崎あおい(22)が大河ドラマ史上最年少主演するNHK「篤姫」(日曜後8・0)が好調だ。1月6日のスタート以来、上昇一方だった視聴率は2月3日に自己ベストの24・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。その後やや下がったものの24日は22・4%に回復し、今後に弾みを付けた。“女性大河”としては一昨年の「功名が辻」の平均視聴率(20・9%)をしのぐ勢い…。人気の要因とこれからの見どころをプロデューサーに聞いた。(安藤明子)

 「篤姫」は薩摩藩島津家分家の娘から徳川13代将軍・家定(堺雅人)の御台所となり、江戸城無血開城に大きな役割を果たした篤姫(宮崎)の波瀾万丈の一代記。「男性に大きなウエートがかかる幕末ものを新しい視点で作りたい」と模索していた佐野元彦チーフプロデューサー(CP)が着目したのが、歴史に埋もれた存在だった篤姫にスポットを当てた宮尾登美子の小説「天璋院篤姫」だ。

 そして、江戸城大奥から時代の激変を見据えていた篤姫の薩摩での青春時代を詳細に描いた原作を何度も読んだ佐野CPが「篤姫役は彼女しかいない」とほれ込んだのが宮崎。「篤姫の人格が形成された10代をリアリティーをもって演じられる女優」として大河史上最年少主演が誕生した。

 佐野CPの狙いは的中。初回20・3%(これまでの最低)で始まった“幕末ホーム&青春ドラマ”の視聴率はすべて20%超えを記録。回を追うごとに20〜40代の女性視聴者が増えているのが特徴で、「あおいちゃんの表情が豊か。演技も鮮やか」「分かりやすい幕末もの」「血がたくさん出てきた今までの大河と違い、子供と一緒に見ることができる」などの反響が続々。大河離れが心配された50、60代の男性からも「わが子の成長を見る思い」「懐かしい家族を見るようだ」といった共感の声が多く寄せられている。

 篤姫が今和泉島津家から島津本家の姫となり、波乱含みの新生活が始まった2月24日からは物語の第2ラウンドに突入。今後も篤姫と教育係の老女・幾島(松坂慶子)とのバトル、将軍・家定が待つ江戸への出発、父・忠剛(長塚京三)の死…など「泣き笑いしてもらえる話」(佐野CP)が展開されていく。

 早くも「(奇行の多い)家定と篤姫がどんな夫婦になっていくか楽しみ」といった反響も寄せられ、視聴率がどこまで伸びるか注目されるが、好調篤姫の最大のライバルになるのが夏の北京オリンピック中継だ。

 佐野CPは「その時期には和宮をはじめとする女性の公家軍団(堀北真希、若村麻由美、中村メイコ)が京から江戸に到着しますからね」と“夏の陣”への戦意ものぞかせた。

posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年02月10日

大河ドラマ紹介に異議あり 「島津家発祥は都城」 市がNHKに意見書

大河ドラマ紹介に異議あり 「島津家発祥は都城」 市がNHKに意見書
2月7日10時8分配信 西日本新聞


 かつて南九州や琉球を治めた島津家の発祥地をNHK大河ドラマ篤姫」で鹿児島県出水市と紹介したことに宮崎県都城市が異を唱え、「都城こそ発祥地」とする意見書を近く提出することになった。都城には「島津家発祥之地」の石碑があり、ゆかりの邸宅が今も残っているほど島津家と縁が深く、市が歴史観光振興事業の柱に据えようとしていた矢先。「発祥地」は譲らぬ構えだ。

 都城市は、平安時代末期に島津家初代当主の惟宗忠久(これむねただひさ)が事実上治めていた都城一帯の荘園「島津荘」を管理する役所が同市郡元町にあったことや忠久が荘園名にちなんで島津に姓を変えたことを根拠にしている。役所跡には約40年前に発祥地の石碑も建立された。

 それが、1月20日放映の「篤姫」で、忠久が出水市内に薩摩、大隅、日向3国の守護所を置き、「島津家の礎を築いた」として出水が発祥地と紹介された。

 都城市は出水発祥地説が全国に広まるのを懸念、「島津家は都城発祥ということも紹介してもらわないと困る」(長峯誠市長)と意見書をNHKに送ることにした。

 発祥地論争について鹿児島県歴史資料センター黎明館は「名前の由来を発祥とするならば都城市。統率者である守護としての実質的支配を考慮すれば出水市。要は解釈の問題」としている。

 ただ、都城市は都城島津家邸を購入して歴史観光施設として整備する計画で、1月の臨時議会で同邸取得案(約5億7000万円)を賛否同数、議長裁決でどうにか通過させたばかり。そうした時期に「発祥地」の歴史的価値を失いたくないという市の切実な事情も背景にある。NHKは「意見書などを受け取ってから対応したい」としている。


=2008/02/07付 西日本新聞朝刊=

最終更新:2月7日10時8分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000009-nnp-l45

<「篤姫」>幕末駆ける宮崎あおい 大河ドラマ見どころは?
posted by ぴかまま at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年02月04日

篤姫館オープン、宮崎あおいらがPR

篤姫館オープン、宮崎あおいらがPR

オープンした「篤姫館」の展示を見る宮崎あおいと瑛太

 江戸時代、鹿児島から徳川将軍家に嫁いだ女性を描く今年のNHK大河ドラマにちなんだ「篤姫(あつひめ)館」が、放送開始と同じ6日、鹿児島市本港新町の商業施設の一角にオープンした。初日のセレモニーには関係者や一般観覧者ら約5000人が集まり、篤姫役を務める女優宮崎あおい(22)が「ドラマをよろしくお願いします」とPRした。

 約400平方メートルのスペースに、江戸城の篤姫の居室を再現したセットのほか、衣装や小道具、台本などを展示。映像やパネルで登場人物を紹介する。鹿児島市や県、観光団体が約1億円をかけて設営した。

 来年1月12日まで無休で開館。入場料は大人500円、小中学生250円。

(2008年1月6日19時40分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080106-OHT1T00172.htm
posted by ぴかまま at 04:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

成田山で朝青龍、宮崎あおいら恒例の豆まき

成田山で朝青龍、宮崎あおいら恒例の豆まき

雪が降る中、成田山新勝寺の節分会で豆まきをする横綱朝青龍と横綱白鵬

 千葉県成田市の成田山新勝寺で3日、恒例の節分会が行われ、大相撲の朝青龍(27)、白鵬(22)の両横綱とNHK大河ドラマ篤姫」出演の宮崎あおい(22)と瑛太(25)らが「福は内」の掛け声で、勢いよく豆をまいた。

 大本堂前の特設台に宮崎らがかみしも姿で登場。雨や雪の悪天候にもかかわらず、災厄を払う豆がまかれると参拝客は福をつかもうと歓声を上げて拾った。昨年、2場所出場停止処分を受け、初場所から復帰したばかりの朝青龍も笑顔を振りまいていた。

 寺の本尊、不動明王は鬼さえも改心させてしまう力があるとされるため「鬼は外」と唱えない習わしだ。この日のために寺は大豆860キロ、からつき落花生400キロ、和紙でできた剣の形のお守り「剣守」約1100体を用意した。参拝客は約4万人に上るという。

(2008年2月3日14時54分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20080203-OHT1T00135.htm
posted by ぴかまま at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年01月07日

<大河ドラマ>NHK「篤姫」初回視聴率20.3% 関東

<大河ドラマ>NHK「篤姫」初回視聴率20.3% 関東1月7日10時56分配信 毎日新聞


 ビデオリサーチ調べによると、NHK大河ドラマ篤姫」の、6日の初回視聴率は、関東地区で20.3%(関西地区19.8%)だった。

 過去10年間では、01年「北条時宗」、06年の「功名が辻」に次いで3番目の低さ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000020-mai-soci

<「篤姫」>幕末駆ける宮崎あおい 大河ドラマ見どころは?1
宮崎あおい:衝撃の登場シーン「涼しくてラク」 大河ドラマ「篤姫」第1回完成会見
posted by ぴかまま at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2008年01月05日

<「篤姫」>幕末駆ける宮崎あおい 大河ドラマ見どころは?

<「篤姫」>幕末駆ける宮崎あおい 大河ドラマ見どころは?1月5日17時30分配信 毎日新聞

篤姫

 第47作となる今年の大河ドラマは、宮尾登美子原作の「篤姫(あつひめ)」。ヒロインの篤姫は幕末、1200人の大奥を束ね、江戸城の無血開城に導いたとされる伝説の女傑である。ドラマは華やかな大奥を舞台に、女性の視点から激動の時代を描く。【広瀬登】

宮崎あおい「涼しくてラク」…篤姫、衝撃の登場シーン

 ◇平和を願う女の目線

 「女の道は、前へ進むしかない。引き返すのは恥でございます」 薩摩藩主・島津家の分家に生まれた篤姫は、年老いた養育係から託されたこの言葉を胸に、江戸の大奥へ旅立つ。夫の十三代将軍・徳川家定の死後は、十四代将軍・家茂(いえもち)の妻、和宮とともに大奥を仕切っていく存在に。そして、西郷隆盛ら新政府軍の剛の者たちと渡り合い、江戸城を死守する。

 脚本の田渕久美子は、「この国が混乱を極めていた時代に、最後まで誇りと覚悟を失わなかった女性」と性格づける。佐野元彦チーフ・プロデューサー(CP)も「篤姫は筋を通して、一本道を歩んだ女性。江戸城が無血開城され、江戸の街が火の海になることを免れたのは、彼女の尽力抜きには語れない」とたたえる。

 幕末の女性を主人公にした大河ドラマは初めて。佐野CPは「幕末というと、男性の英雄ばかりクローズアップされる。女性の活躍は無視されがちだった」。演出を担当する佐藤峰世エグゼクティブ・ディレクターも、「尊王攘夷(じょうい)で大混乱の時代、男たちの理想論の中で、いかに女性がないがしろにされてきたか。心から平和を願う女性を描きたい」と語る。

 ◇ホームドラマの要素も

 ホームドラマ的要素も強くするという。佐野CPは「乱世でも、愛し合う夫婦がいて、子供が生まれ、人々は日々の営みを続けていた。そうした日常の側面もきっちり押さえたい」と強調する。

 「歴史的事件のすき間にある日常をきちっと表現してくれる篤姫を」という制作陣の思いを託されたのが、主演の宮崎あおい。現在、22歳の宮崎は、主演女優としては大河ドラマ史上最年少。06年に放送された朝の連続テレビ小説「純情きらり」でヒロインを演じた際の存在感や演技力などが高く評価された。「音楽の使い方などもおもしろくて、いい意味で大河ドラマへの期待を裏切るものになっている」と宮崎。前半の薩摩の場面は、「生き生き伸び伸びと感情豊かに演じたい」と話している。

 第1回は総合テレビで6日午後8時(BSハイビジョンは同6時、BS2は同10時)。全50回。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080105-00000006-maiall-ent
続きを読む
posted by ぴかまま at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」

2007年12月08日

宮崎あおい:衝撃の登場シーン「涼しくてラク」 大河ドラマ「篤姫」第1回完成会見

宮崎あおい:衝撃の登場シーン「涼しくてラク」 大河ドラマ「篤姫」第1回完成会見

会見に出席した宮崎あおいさんと瑛太さん

 08年のNHK大河ドラマ篤姫」の第1回が完成し、29日に東京都渋谷区のNHK放送センター内で試写会が開かれた。

上映後、主演の宮崎あおいさん(21)と相手役の肝付尚五郎を演じる瑛太さん(24)が会見し記者からの質問に答えた。

 宮崎さんの初登場シーンは、好奇心旺盛な姫が羽織はかま姿に男装し、武士の子弟向けの授業に忍び込むというもの。宮崎さんはこの場面の撮影について「すごく楽しかった。女性の着物姿は帯が締め付けられて苦しいけれど、男性の格好は涼しいし、ラクで、瑛太さんがうらやましいなと思いました」と楽しんだ様子。瑛太さんは「僕が手を抜いているわけじゃなくて、衣装なんですけどね」とたじたじになっていた。

 このドラマは、薩摩藩主・島津家の分家に生まれ、ペリー来航で揺れる幕末期に21歳で13代将軍・徳川家定に嫁ぎ、夫の急死後、14代将軍・家茂の養母としてその妻の和宮とともに江戸城の大奥を取りまとめた篤姫の生涯を描く。篤姫は戊申戦争時、西郷隆盛ら新政府軍に働きかけ、江戸城の無血開城に貢献して、「幕末のファースト・レディー」とも称されている。

 制作陣は「新しいタイプの幕末ホームドラマ」(制作統括の佐野元彦さん)、「これまでに放送された大河ドラマとは違うカラーをはっきり出した」(演出の佐藤峰世さん)と新機軸を打ち出したことを強調。宮崎さんも「音楽の使い方や瑛太君のお芝居とかすごく面白くて、いい意味で(大河ドラマへの)期待を裏切るものになっていると思います」と話し、前半の薩摩での場面は「生き生き伸び伸びと感情豊かに演じたい」と抱負を語った。2007年11月29日



 瑛太さんも「自分で見て、純粋にのめり込んだ。歴史を知らない人でも楽しんでもらえる作品になっていると思う」と話した。初恋の人を演じている宮崎さんに対しては「撮影で朝、眠くてもあおいちゃんに『おはよう』と言われたらはーって(目がさめる)感じです」と本当に恋をしているように語った。

 第1回の放送は、NHK総合で08年1月6日午後8時にスタート。全50回を予定している。【細田尚子】

篤姫」ニュース
http://www3.nhk.or.jp/drama/html_news_atsuhime.html

http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200711/29/index.html?inb=yt

篤姫 - 篤姫 のホームページ
http://www.nhk.or.jp/kagoshima/atsuhime/続きを読む
posted by ぴかまま at 04:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。