2008年10月04日

朝ドラ史上ワーストで後が続かない榮倉奈々


NHK総合連続テレビ小説「瞳」の視聴率は歴代最低

朝ドラ史上ワーストで後が続かない榮倉奈々 2008年10月4日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 先月27日に終了した榮倉奈々(20)主演のNHK朝の連続テレビ小説「瞳」が、平均視聴率15.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)に終わり、朝ドラ史上最低の数字を記録した。

 ここ数年、朝ドラに主演した若手女優が相次いでブレークした。

06年上半期「純情きらり」の宮崎あおいは、いまや大河ドラマ「篤姫」で平均24%台の視聴率をたたき出している。

07年上半期「どんど晴れ」の比嘉愛未は夏ドラマ「コード・ブルー」(フジ)で好演し、07年下半期「ちりとてちん」の貫地谷しほりはドラマに引っ張りだこの人気者になった。

ちりとてちん」の視聴率は当時の朝ドラ史上最低だったが、貫地谷の演技は高く評価され、ドラマのDVDは朝ドラで最高の売り上げを記録している。

 これまで、2番手以下でのドラマ出演が多かった榮倉も、朝ドラをきっかけにブレークを狙っていたはずだが……。

「朝ドラのヒロインは、まだ開花していなくても、どこかキラリと光る“華”がないといけない。今回の榮倉にはそうした輝きが感じられず、“今風のよくいる女の子”にしか見えませんでした」(放送評論家の松尾羊一氏)

 榮倉は06年の初主演ドラマ「ダンドリ。」(フジ)も平均視聴率8.9%とボロボロだった。まだ、単独で数字を取れる女優ではないということだろう。

「今後の仕事は来年5月公開の映画『余命1ケ月の花嫁しか決まっていない。このままでは、6社と契約中のCMも減ってしまう可能性がありますよ」(マスコミ関係者)

 朝ドラの“必勝パターン”もこれまでか。

(日刊ゲンダイ2008年10月1日掲載)

榮倉奈々、感激の涙…ダンサーの次は「乳がん」と闘う
“朝ドラヒロイン”榮倉奈々、涙のクランクアップ

2008年09月30日

NHK総合連続テレビ小説「瞳」の視聴率は歴代最低 

NHK総合連続テレビ小説「瞳」の視聴率は歴代最低 

27日に放送が終了したNHK総合の連続テレビ小説」は、全回を通じた平均視聴率(関東地区)が15・2%だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。

同枠としては、統計のある1964年以降で最低。関西地区も14・8%で歴代最低だった。

 関東地区でのこれまでの最低は、前作の「ちりとてちん」の15・9%

」の最終回は関東地区が17・5%、関西地区が16・0%だった。
(2008年9月29日11時20分 スポーツ報知)

<ちりとてちん>視聴率、関東地区では歴代最低

“朝ドラヒロイン”榮倉奈々、涙のクランクアップ

この人物のオモテとウラ 三倉茉奈、佳奈“史上初カムバック女優”の楽しみ方

来春の朝ドラ「つばさ」のヒロインが決定

「ちりとてちん」DVD、「おしん」を抜く6月11日

2008年09月19日

榮倉奈々とマナカナが“朝の顔”をバトンタッチ

榮倉奈々とマナカナが“朝の顔”をバトンタッチ9月18日17時0分配信 オリコン

だんだん三倉茉奈&佳奈と「榮倉奈々がバトンタッチ

 現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説』のヒロイン・榮倉奈々と、今月29日(月)よりスタートする次クールの『だんだん』のヒロインを務めるマナカナこと三倉茉奈、佳奈が18日(木)、NHK大阪放送局で引き継ぎ会見を行った。朝の顔をバトンタッチした榮倉は、マナカナに「お2人なら心強くやってもらえると思います」とエールを送った。

マナカナへエールを送る榮倉奈々

 先月22日に東京でクランクアップした榮倉は「これまでのドラマは緊張してなかなか楽しめなかったけど、9か月という長期間の収録でスタッフ一同、家族のような存在になり支えてもらったのが大きかった。お2人なら心強くやってもらえると思います!」と、番組で愛用した『喝雄武士(かつおぶし)』Tシャツとバッグをマナカナに贈呈した。

 一方、史上初となる2度目の朝ドラヒロインに抜擢されたマナカナは、ドラマのロケ地である島根・宍道湖の名産で大粒の『ヤマトシジミ』と、京都・祇園の置屋で見られる名入りうちわを榮倉にお返し。「今度は“本当のヒロイン”になれるように頑張りたい」とコメントする佳奈と榮倉を見比べた茉奈は「榮倉さんは顔が小さくて可愛い。佳奈の顔が大きいので、さっきから『後ろに下がって』ってコッソリ伝えてたんですよ」と思わぬ演出を明かし、周囲の笑いを誘っていた。

★★★

榮倉奈々、感激の涙…ダンサーの次は「乳がん」と闘う

“朝ドラヒロイン”榮倉奈々、涙のクランクアップ

“朝の顔”が貫地谷しほりから榮倉奈々へバトンタッチ!

★★★

「EXILE」MAKIDAIが初ソロCD記念イベント

NHK連続テレビ小説で話題! EXILEメンバーの“棒”っぷり : 日刊サイゾー
榮倉奈々が「余命1ヶ月の花嫁」…瑛太とダブル主演
榮倉奈々告白 「隠し撮りされてるんです」

★★★

来春の朝ドラ「つばさ」のヒロインが決定
来年度・連続テレビ小説のヒロインに多部未華子 記念すべき80作目で“二十歳のおかん”に

7/27(日)、11時からBSで「ちりとてちん」のスピンオフドラマ「まいご3兄弟」放映



★★★

東京下町の月島・佃を舞台に、プロダンサーを夢見る少女が「養育家庭」をしている祖父と、3人の里子たちと織り成す家族ドラマ。
脚本;鈴木聡

NHK連続テレビ小説

★★★

NHK朝の連続テレビ小説だんだん

物語は京都の花街と松江市が舞台。

生後間もないころから離ればなれで暮らしていた2人が「縁結びの神様」出雲大社で再会を果たし、やがてデュエット歌手としてデビュー、スターへの道を駆け上がっていく……というストーリー。

タイトルの「だんだん」は出雲地方の言葉で「ありがとう」

脚本は森脇京子さん。9月29日に放送開始予定。

茉奈佳奈が史上初NHK朝ドラ2度目ヒロイン

<マナカナ>NHK朝ドラ12年ぶり主役 「だんだん」制作発表

2008年08月23日

“朝ドラヒロイン”榮倉奈々、涙のクランクアップ

“朝ドラヒロイン”榮倉奈々、涙のクランクアップ8月22日18時15分配信 オリコン

』がクランクアップを迎えた主演の榮倉奈々西田敏行が寄り添って涙

 女優・榮倉奈々主演のNHK朝の連続テレビ小説』が22日(金)にクランクアップを迎え、東京・渋谷の同局で榮倉奈々西田敏行ら出演者とともに花束贈呈式とくす玉割が行われた。

9か月という長期間で過酷な撮影スケジュールを乗り越えた榮倉は「山あり谷ありの日々でしたが、周囲も相談に乗ってくれたり助けてくれた。今後、女優として精神的なエネルギー(の源)になりました!」と時折涙ぐみながら感想を語った。

 挨拶の場面で榮倉から「世界で一番尊敬する俳優さんです」と告白され、照れを隠し切れなかった西田は「待ちに待った大器。等身大の女の子を演じるのは役者にとって難しい。彼女なりに悩みながらも演じていく姿を見て、こちらも刺激になった」と主役を演じた彼女を絶賛。クランクアップ3日前から「緊張し浅い眠りでした」と話した榮倉は西田との思い出について「一緒にカラオケへ行くと『いい夢みろよ』を歌ってくれてカッコよかった!」と笑顔だった

榮倉奈々が「余命1ヶ月の花嫁」…瑛太とダブル主演
栄倉奈々ダンス特訓1年の成果…一発OK
<榮倉奈々>「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録
榮倉奈々さん(瞳)★競い合うのはイヤ
朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○
榮倉奈々「結婚願望 今はない」
<NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位

榮倉奈々けんかで爆笑
来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン! 2007年11月19日(月)
高田延彦 朝ドラで“大盛の正ちゃん”
飯島直子がNHKの連続テレビ小説「瞳」で“ジュリアナダンス”を披露!?

2008年06月16日

栄倉奈々ダンス特訓1年の成果…一発OK

栄倉奈々ダンス特訓1年の成果…一発OK
2008年6月14日(土)9時35分配信 日刊スポーツ

連続テレビ小説」の収録で笑顔を見せる栄倉奈々

 女優栄倉奈々(20)が13日、NHK連続テレビ小説」のダンスのクライマックスシーンの収録を終えた。

ダンサーを目指す瞳を演じながら実はダンスは得意ではなかった。

ヒロインに決まってから約1年間、猛特訓を積んで、最も難易度の高いシーンの収録を一発でクリアした。

共演するダンス&ボーカルユニットEXILEの真木大輔(MAKIDAI=32)は「ダンサーとしてもいける」と褒めた。
 全国のダンサーが目指す大会「ダンスビート」という設定のシーン。

約3分間のダンスを終えた栄倉の息は切れ、両肩は激しく上下した。

パーカの袖口で汗をぬぐうと一緒に踊った2人とハイタッチ。「あっという間だな、と思いました。今日のために1年弱ぐらい練習してきたようなものなので、これで終わりかと思うと何かさみしいですね」。感極まったのだろう、声がちょっと震えていた。

 主演したフジテレビ系ドラマダンドリ。〜Dance☆Drill〜」(06年)や映画「阿波DANCE」(07年)はダンスシーンが多く、ダンスが得意とみられがちだが実はそうではなかった。

1608人が応募した昨年の「」のオーディションでは、ヒロイン候補者が8人に絞られた段階で最もダンスが下手だったという。

山本敏彦プロデューサー(42)は「あのころからしたら、あり得ないぐらいに上達した。うるうるきた」と涙ぐんだ。

 過密な収録やリハーサルのスケジュールの合間に1回約90分のレッスンを週1〜2回受けた。慣れない動きに腰に痛みが出て、1週間ほど収録を休んだこともあったという。そんな栄倉の頑張りはスタッフや共演者に伝わっていた。

 共演の真木は「撮影に入ってすぐのころとは別人。キレや動きは前と比べたら倍以上。EXILEのプロモーションビデオに出てほしい」。

その発言を伝え聞いた栄倉は「いやあ〜。冗談だと思います。EXILEさんのは踊れないです」と、屈託なく笑った。

 収録されたシーンは8月上旬に放送される

NHK朝の連続ドラマ小説

<榮倉奈々>「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録

榮倉奈々さん(瞳)★競い合うのはイヤ

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々「結婚願望 今はない」

<NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位

榮倉奈々けんかで爆笑

来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン! 2007年11月19日(月)

榮倉奈々、ダンスは吹き替えじゃない 「阿波DANCE」

“顔グロヒップホップ女王”榮倉奈々 映画「阿波DANCE」

2008年06月14日

<榮倉奈々>「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録

<榮倉奈々>「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録
6月13日21時45分配信 毎日新聞

ダンス大会のシーンで熱演する榮倉奈々さん

 NHK連続テレビ小説」で中盤の山場となるダンス大会の撮影が13日、東京都渋谷区の同局で行われた。

主演の榮倉奈々さん(20)は準備に1年近くかけたといい、収録後「今日のために練習してきたようなものなので、ちょっと寂しいですね」としみじみ。

「ダンスは心でつながっているところがあって、お芝居とすごく似ているなと思いました。知れば知るほど深いものですね」と極意を見出した様子だった。

主人公が尊敬するダンサー役で出演しているEXILEのMAKIDAIこと眞木大輔さん(32)は「(榮倉さんは)最初の頃とは別人。動きが以前の倍以上キレている。ダンサーとしても絶対にいけますよ」と太鼓判を押した。

 このドラマは、シングルマザーの母(飯島直子さん)に育てられ、高校時代からヒップホップダンスに夢中で、いつかダンスで身を立てたいを考えている20歳の女の子、一本木瞳(榮倉さん)が主人公。

東京・月島で洋品店を営み、里親として3人の子供たちを育てる祖父(西田敏行さん)の「養育家庭」を手伝い、持ち前のガッツで困難を乗り越えていく……というストーリー。

 今回の撮影は、瞳が女性3人組のダンスチーム「ローズマリー」を結成し、ダンサーの誰もが目指す大会「ダンスビート」に出場する場面で、榮倉さんは3分ほどのステージを踊り切った。すでに収録を終えている別のコンテストの場面では1分半だったが、倍近く踊らなくてはならなくなり、「時間が増えて、長距離走の距離が増えた感じ。体力的な問題が一番大変でしたね」と話していた。

眞木さんが榮倉さんに「(ダンサーとして)EXILEのプロモーション・ビデオに出演してほしい」とオファーを出したが、榮倉さんは「冗談だと思います」と取り合わず、「ダンサーは不良のイメージがあるけれど、そういうわけじゃないというのが伝えられたらなと思います」と視聴者にメッセージを寄せていた。

 「」はNHK総合で毎週月〜土曜午前8時15分から放送中で、今回の模様は8月4〜9日の週に放送する予定。最終回は9月27日。【細田尚子】

★★★

NHK連続テレビ小説

EXILEのMAKIDAIこと眞木大輔さんが『瞳』に登場

★5/13(火)「スタジオパークからこんにちは」に百子(飯島直子)さんが出演。

NHK「スタジオパークからこんにちは」に飯島直子さん登場、美しさを保つライフスタイルとは??

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

★★★

榮倉奈々:MAKIDAIと“禁断の恋”に落ちて… 映画「渋谷区円山町」完成試写2007年3月9日

人気マンガを原作にした映画渋谷区円山町」(永田琴監督)の完成披露試写会が8日開かれ、主演の榮倉奈々さん(19)と人気ダンスユニット「EXILE」のMAKIDAIこと眞木大輔さんが登場。榮倉さんは「眞木さんと恋に落ちてください」と会場を埋め尽くした700人の女性ファンに呼びかけた。

 「渋谷区円山町」は、「サプリ」などのおかざき真理さんが、渋谷のホテル街円山町を舞台に、女子高生たちの恋や友情を描いた青春ラブストーリー。映画は、由紀江(榮倉さん)が、若い数学教師のヤマケン(眞木さん)と女性がラブホテルに入る瞬間を目撃。その翌日から、ヤマケンが気になっていく……という教師と生徒の“禁断の恋”を描いた前編と、高校で陰湿ないじめに合っている糸井(仲里依紗さん)を気遣い、同級生の有吉(原裕美子さん)は「渋谷に行こう」と誘う。気が付くと二人はラブホテルに入っていた……という女子高生たちの二つの物語が描かれる。

 数学教師の役作りのため因数分解をおさらいしたという眞木さんは「演じているうちに本当に数学教師になった気がしました」と役への打ち込みぶりを話し、榮倉さんは「私の周りにはお父さんみたいな先生が多かったので、眞木さんみたいなカッコいい先生がいたら、毎日学校に行くのが楽しみだったと思います」と眞木さんへの“思い”を語った。

 「渋谷区円山町」は、17日から渋谷Q-AXシネマなどで全国ロードショー公開される。【立山夏行】

 

2008年04月14日

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○
2008年4月11日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ
-
 3月31日からNHK朝の連続テレビ小説榮倉奈々主演の「」がスタート。札幌育ちの20歳の“瞳”が東京に出てきてダンサーを目指す物語だ。

先週は東京・月島に住む祖母が亡くなったことで瞳(榮倉)と母の百子(飯島直子)が上京し、月島の実家で祖父の勝太郎(西田敏行)とドタバタを繰り広げた。

 ポイントになっているのは勝太郎が養っている3人の里子。先週はそのひとりがいなくなり、瞳が見つけて親近感を持つようになった。それやこれやで東京でダンサーを目指そうとする。

 初回は歴代ワースト2位の16.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)、その後3回は15%がやっと。低空飛行だ。だが、榮倉のはつらつさはスカッとするし、入浴シーンのサービスカットも評価できる。デカすぎる(170センチ超?)のは難だが。西田は得意のアドリブ風のセリフ回し全開、飯島の母親役がちょっと浮いているか。

【2008年4月8日掲載】
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-07024891/1.htm

(04/14)NHK朝の連続テレビ小説「瞳」第13回「叱ることで子どもは育つ・・・わかった!!??」

<NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位
来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン!
飯島直子がNHKの連続テレビ小説「瞳」で“ジュリアナダンス”を披露!?

NHK連続テレビ小説「瞳」

2008年04月01日

<NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位 <NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位 <NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位

<NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位
4月1日11時20分配信 毎日新聞


NHK朝の連続テレビ小説「瞳」の完成披露試写会に登場した飯島直子さん、榮倉奈々さん、西田敏行さん

 3月31日に始まったNHK朝の連続テレビ小説「瞳」の初回視聴率(総合テレビ)が関東地区で16.5%だったことが1日、ビデオリサーチの調べで分かった。関西地区は16.2%。関東地区では歴代ワースト2位。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000034-mai-soci
タグ:

2008年03月04日

榮倉奈々けんかで爆笑

榮倉奈々けんかで爆笑 

NHK次期朝の連続テレビ小説」に主演する榮倉奈々(20)、祖父・勝太郎役の西田敏行(60)、母・百子役の飯島直子(40)が3日、東京・渋谷区の同局で完成会見に臨んだ。

 西田と飯島は親子ながら反目しあう仲。榮倉は「西田さんと飯島さんのけんかが大好き。テレビで見ても爆笑させていただきました」とニンマリ。西田は「大河の倍の収録時間で、これは大変だなと」と笑わせていた。3月31日スタート。
(2008年3月4日06時04分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080304-OHT1T00102.htm

“朝の顔”が貫地谷しほりから榮倉奈々へバトンタッチ!2月26日
高田延彦 朝ドラで“大盛の正ちゃん”10月25日
榮倉奈々がヒロイン…NHK「瞳」

2007年11月19日

来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン!

来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン!
2007年11月19日(月) 15時20分

 来春スタートの連続テレビ小説』(NHK総合 (月)〜(土) 前8・15ほか)のクランクイン会見が東京都中央区佃・住吉神社で行われ、主演の榮倉奈々飯島直子西田敏行が出席した。

下町の佃・月島を舞台とした今作は、ヒロインの一本木瞳(榮倉)がダンサーを目指しながら祖父・勝太郎(西田)とともに養育家庭を手伝い、3人の子供の里親として家族の絆を取り戻していくというストーリー。

 8月下旬から集中してダンスレッスンに励んだ榮倉は、ダンスシーンについて「何も考えずに楽しんで撮影に挑んでいます。今日は多くの記者の方がいたので、緊張しました」と照れ笑いを含ませた。瞳の母親・百子を演じる飯島は「クランクインから2日目でまだ緊張していますが、長丁場の撮影になると思うので体調に気をつけていきたいです。西田さんは優しく、(榮倉)奈々ちゃんはかわいくて、すぐに家族になれそうです」と話し、現場の穏やかな雰囲気が感じられた。

 そんな中、記者たちの目を引いたのが本日クランクインを迎えた西田の衣装。勝太郎の役柄の衣装で登場した西田は、月島という下町の印象からかけ離れた“ウエスタン”姿。榮倉や飯島が「(勝太郎が)この出で立ちだと聞いてなかったのでびっくり」と驚きを示した。

「脚本もキャストもおもしろく、今までにないテイストの連続テレビ小説になると思います。ぜひ多くの人に見てもらいたい」と語りながらも、衣装について西田は「今までしてみたかった長髪など、自分の趣味も入れてもらいました。勝太郎は映画が好きだということで、おそらく西部劇も好きなのでは。娘(百子=飯島)とのけんかのシーンでも、じゃじゃ馬ならしでも想起してもらえたらと思います」とコメント。
http://www.tvlife.jp/news/071119_03.php

2007年09月23日

飯島直子がNHKの連続テレビ小説「瞳」で“ジュリアナダンス”を披露!?

NHKは、来年春にスタートする連続テレビ小説「瞳」に、西田敏行と飯島直子が出演すると発表。2人に加え、ヒロイン・瞳を演じる榮倉奈々も出席して記者会見が行われた。
西田は瞳の祖父・一本木勝太郎、飯島は瞳の母・一本木百子をそれぞれ演じる。
物語の舞台は東京・月島。ダンスに打ち込む少女・瞳(榮倉)は、祖母の死をきっかけに上京、月島で洋品店を営む祖父・勝太郎(西田)の家で暮らすことに。たびたび衝突する母と祖父の姿から家族のきずなを学んでいく。
榮倉は以前共演(「ジイジ〜孫といた夏」'04年・'05年 NHK総合)した西田と再会。「今回共演できるって聞いたときは本当にうれしくて、このドラマに運命を感じました!」と目を輝かせると、西田も「いつかまた一緒に仕事をやれたらいいねと言って別れましたが、それから女優としてめきめきと頭角を現しました」と榮倉の成長ぶりを絶賛した。
一方、飯島は青春時代の百子も演じるが、ちょうどバブル時代と重なるため、ダンスシーンは見られるのかという質問が。すると戸惑いながらも「“ジュリアナ”くらいだったらやってもいいかな(笑)」と乗り気(!?)の姿勢を見せた。

連続テレビ小説
'08年4月スタート 毎週月〜土曜朝8:15-8:30ほか NHK総合ほかで放送
http://blog.television.co.jp/entertainment/news/2007/09/nhk_2.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。