2008年08月25日

伊藤淳史芸歴21年で初の連続ドラマ主演

伊藤淳史芸歴21年で初の連続ドラマ主演8月25日10時0分配信 日刊スポーツ


 チビノリダーや「電車男」で知られる俳優伊藤淳史(24)が、芸歴21年で連続ドラマに初主演する。

300万部を超えるベストセラーが原作のフジテレビ系「チーム・バチスタの栄光」(10月14日スタート、火曜午後10時)。

伊藤は心臓外科手術の最中に次々と起こる死の謎に迫る心療内科医・田口公平役。伊藤とともに事件の真相に迫る厚生官僚を仲村トオル(42)、エリート心臓外科医を伊原剛志(44)、冷静な麻酔医を城田優(22)、手術チームの看護師を釈由美子(30)がそれぞれ演じる。

 原作は06年の第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。

昨年の映画化では、主人公を女性にして竹内結子が演じた。脚本はTBS「ブラックジャックによろしく」映画「ホームレス中学生」の後藤法子氏。原作や映画とは異なるオリジナルの結末が用意されている。 

伊藤は「こんな素晴らしい原作で初めての主演をやらせてもらえるなんて、本当に光栄です。『チーム・バチスタの栄光』は、原作はもちろん映画も抜群に面白かった。田口は視聴者の側に近い役だと思いますので、新たな展開も期待しながら、見てくださる方達と同じ目線で一緒にドラマを楽しみたい。全力投球で頑張ります」。主題歌(題名未定)は初のドラマ主題歌担当になる青山テルマ(20)が書き下ろす。

最終更新:8月25日10時0分

「チーム・バチスタ」栄光のアジア進出…興収20億円確実
竹内結子、演じた先生なら病院に行きたい
竹内結子「み〜んな怪しい」

伊藤 淳史いとう あつし、1983年11月25日 - )は、日本の男性俳優。千葉県船橋市出身。身長162cm、体重49kg。スリーサイズはB78,W61,H80、足のサイズ24.5cm。血液型A型。

千葉県立国府台高等学校、法政大学経営学部卒業。弟は伊藤隆大。クォータートーン所属。

猿顔で、誠実で人なつっこく少し照れたような笑顔が特長。 元々、子役として数多くのテレビ番組に出演していたが、フジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげです」の中の1コーナー、「仮面ノリダー」のチビノリダー役で知名度を上げ、2000年秋からOAされた大塚製薬の健康食品「カロリーメイト」のテレビコマーシャルのワカゾー役で人気を決定的なものにする。

1997年、映画「鉄塔 武蔵野線」で映画初主演を果たすと、2000年公開の映画「独立少年合唱団」では、ベルリン国際映画祭の「アルフレート・バウアー賞」を受賞。2001年、NHKで放送されたテレビドラマ「僕はあした十八になる」で第28回放送文化基金の金賞および男優演技賞をはじめ多数の演技賞を受賞。

2005年には、原作本が空前のヒットを記録したフジテレビドラマ「電車男」の主演で大きな話題を呼んだほか、NHK大河ドラマ「義経」にも出演。両者で実弟の伊藤隆大との共演を果たした。2006年には、フジテレビドラマ「西遊記」に出演、「硫黄島〜戦場の郵便配達〜」では2時間ドラマで初主演となった。

彼が俳優として演じる役は、極めて卑屈でヘタレなキャラクターが多い。◆伊藤淳史 - Wikipedia

伊藤淳史 (俳優)のプロフィール - Yahoo! JAPAN http://talent.yahoo.co.jp/talent/2/m01-0042.html

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。