2008年11月22日

<いい夫婦の日調査>「自立する妻」の姿 改めて浮き彫りに

11月22日付 編集手帳
2008年11月22日(土)1時56分配信 読売新聞

 岡倉天心は大学で学びつつ妻帯したが、夫人はなかなか気性の激しい人であったらしい。夫が苦心して書き上げた卒業論文「国家論」を夫婦げんかでビリビリに裂いて捨ててしまった◆夫は仕方なく2週間のやっつけ仕事で「美術論」をまとめ、提出期限に間に合わせた。「天心の人生コースはここで決まったのかも知れない」と、孫の岡倉古志郎(こしろう)さんが「歴史よもやま話」(文春文庫)で語っている◆のちに日本美術院を創設する偉才を美術の道に導いたとすれば、夫婦げんかもそう捨てたものではない。きょう11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」という◆明治安田生命保険が約1200人の既婚男女に夫婦関係を漢字で表現してもらったアンケート結果をみると、結婚15年目までの人は「幸」あるいは「愛」という回答が多く、そこを過ぎると「忍」の一字に入れ替わる◆古志郎さんによれば祖父は晩年、祖母から晩酌はお銚子(ちょうし)1本と決められていた。天心は家族の前でコナン・ドイルの推理小説を語り聞かせ、佳境に入ったところで沈黙して「もう1本…」と催促したという。“忍”にも戦術がある


<いい夫婦の日調査>「自立する妻」の姿 改めて浮き彫りに
2008年11月21日(金)21時12分配信 毎日新聞

 今月22日の「いい夫婦の日」に合わせ、博報堂生活総合研究所が夫婦に関する実態調査の結果を発表した。夫は「夫婦一緒の時間の充実」を望む割合が増える一方で、妻はその割合が減少。妻は「離婚をしない方がいい」と考える割合も夫より少なく、「自立する妻」の姿が改めて浮き彫りになった。

 調査は88年から10年おきに実施。今回は6〜7月、妻が20〜50代の600世帯(首都圏)を調査した。

 「今一番充実させたい時間」の問いに「夫婦一緒の時間」と答えた夫は39.3%で、20年前から8.7ポイント上昇。逆に妻は26.2%で20年前より9ポイント下がった。妻の1位は「プライベートな時間」(64.8%)で「家族一緒の時間」(50.3%)をも上回った。

 「離婚しない方が良い」の設問に賛成する妻は39.7%で、10年前の35.9%から上昇したものの、夫の64.2%を大きく下回った。同研究所は「夫は妻に寄り添いたいが、妻の意識は家庭の外へ向かっている。不況で雇用情勢が悪化し、妻が離婚を踏みとどまる現状もあるようだ」としている。【森禎行】


結婚は愛→忍→和、「いい夫婦の日」アンケート
2008年11月20日(木)19時53分配信 読売新聞
-
 「愛」から「忍」、夫婦関係は結婚15年が境目?−−。

 11月22日の「いい夫婦の日」を前に明治安田生命保険が20日発表したアンケートで、こんな夫婦の姿が浮かび上がった。全国の既婚男女に夫婦関係を漢字一文字で表現してもらったところ、結婚15年目までは「幸」や「愛」「安」が上位を占める一方、16〜20年目では「忍」が一気にトップに躍り出た。子供の進路や親の介護などに直面する結婚15年前後からは、耐え忍び合う夫婦像が色濃くなっている。

 21年目以降になると「忍」は少数派となり、代わって「安」「和」「絆」など、円熟した夫婦関係を連想させる漢字が上位を占めた。

 調査は10月に全国の20〜59歳の既婚男女を対象にインターネットを通じて行い、1180人が回答した。

「生まれ変わっても今の相手」は35%=いい夫婦の日前にネット調査
朝原・奥野夫妻に見る円満のヒント…いい夫婦の日

ヒロミ“FA宣言”に伊代「ウチにはそんな権利はない」
三船美佳「高橋に会えて幸せ」2007 夫婦の日 
ナイス・カップル大賞三船美佳、「第2子も欲しい。夫に頑張って欲しい」
posted by ぴかまま at 04:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | いい夫婦の日

「生まれ変わっても今の相手」は35%=いい夫婦の日前にネット調査

「生まれ変わっても今の相手」は35%=いい夫婦の日前にネット調査
2008年11月17日(月)6時55分配信 時事通信

 11月22日の「いい夫婦の日」を前に、「『いい夫婦の日』をすすめる会」(名誉会長・落語家桂文珍氏)が行った調査で、夫婦が円満との回答は78%に上ったが、生まれ変わっても今の相手を選ぶのは35%にとどまり、微妙な関係が浮かび上がった。
 10月10−14日、60代までの既婚者にインターネット上で調査し、400人の回答を得た。
 結婚までの交際は半年未満が12%、半年以上1年未満が24%で、1年未満のスピード婚が約3分の1を占めた。
 相手を選んだ理由は「性格」が56%。「優しさ(思いやり)」「フィーリング」が続いた。
 夫婦関係は「とても円満」「まあ円満」が計78%。子どもがいない家庭では計88%だった。
 円満の秘訣(ひけつ)は「話をする・聞く」が53%でトップ。1日の会話は「30分−1時間未満」が31%、「1時間−2時間未満」が24%だった。
 「生まれ変わったらもちろん今のパートナーを選ぶ」と答えた人は35%で、47%が「考える」。40代以降は男女差が大きく、50代は男性の36%が今の相手を選ぶとしたのに対し、女性は20%だった。 

いい夫婦、微妙 「生まれ変わっても一緒に」35%
2008年11月17日(月)17時0分配信 産経新聞

 ■交際半年未満 スピード婚12%

 11月22日の「いい夫婦の日」を前に、落語家の桂文珍さんが名誉会長を務める「『いい夫婦の日』をすすめる会」が行った調査で、夫婦が円満との回答は78%に上ったが、生まれ変わっても今の相手を選ぶのは35%にとどまり、微妙な関係が浮かび上がった。10月10〜14日、60代までの既婚者にインターネット上で調査し、400人の回答を得た。


 結婚までの交際は半年未満が12%、半年以上1年未満が24%で、1年未満のスピード婚が約3分の1を占めた。相手を選んだ理由は「性格」が56%。「優しさ(思いやり)」「フィーリング」が続いた。


 夫婦関係は「とても円満」「まあ円満」が計78%。子供がいない家庭では計88%だった。円満の秘訣(ひけつ)は「話をする・聞く」が53%でトップ。1日の会話は「30分〜1時間未満」が31%、「1時間〜2時間未満」が24%だった。


 「生まれ変わったらもちろん今のパートナーを選ぶ」と答えた人は35%で、47%が「考える」。40代以降は男女差が大きく、50代は男性の36%が今の相手を選ぶとしたのに対し、女性は20%だった。


朝原・奥野夫妻に見る円満のヒント…いい夫婦の日

ヒロミ“FA宣言”に伊代「ウチにはそんな権利はない」
三船美佳「高橋に会えて幸せ」2007 夫婦の日 
ナイス・カップル大賞三船美佳、「第2子も欲しい。夫に頑張って欲しい」
posted by ぴかまま at 04:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | いい夫婦の日

朝原・奥野夫妻に見る円満のヒント…いい夫婦の日

朝原・奥野夫妻に見る円満のヒント…いい夫婦の日2008年11月21日(金)17時0分配信 夕刊フジ

朝原宣治さんと奥野史子さん

 11月22日は「いい夫婦の日」。

通産省(当時)の外郭団体、余暇開発センター(現・社会経済生産性本部)が1988年に制定した記念日だ。

毎年、時代を反映する夫婦を一般の投票などで選んでいるが、今年は朝原宣治さん(36)と奥野史子さん(36)夫妻が「パートナー・オブ・ザ・イヤー2008」に選ばれ、関係者を集めて発表会が開かれた。

 朝原さんは北京五輪の400メートルリレーで銅メダルを獲得、奥野さんもバルセロナ五輪のシンクロナイズドスイミングで銅メダルに輝いたメダリストカップル。今年のテーマが「夫婦でありがとうをする日です」ということもあり、「いつも家のこと、お仕事お疲れさまです」と朝原さんが照れながら言うと、奥野さんは「北京五輪の感動をありがとう、それしか思い浮かばないです。今年はこの一言に尽きます」と答えた。


 朝原さんが「僕自身がいい加減なので、家庭のことは(奥野さんに)任せきっている。計画通りに物事を進めてくれる」と絶賛すると、奥野さんは「北京五輪では現地で観戦していましたが、バトンを投げたのは全然見ていなくて。帰国してからテレビで見て、いままで見たことのないようなカッコよさでした」とノロケる。奥野さんは北京での朝原さんの姿に、恋人時代のようなときめきを覚えたとか。


 一般からの投票で推薦理由として目立ったのは「夫婦愛」「内助の功」「理想の2人」というキーワード。「一度は引退しながらも北京五輪出場を決めた夫と、それを支え続けた妻」「夫婦としてお互いを高めあっている」ことが“今年の夫婦”の決め手になった。


 だが、恋人時代から数えると18年も連れ添っているだけに、夫婦げんかも当然ある。「僕が一方的に怒られている感じ」(朝原さん)に対して、「のれんに腕押しで何を言っても言い返さない。むしろ茶化されてしまう」(奥野さん)という図式だそう。このへんにも“いい夫婦”でいられるヒントが隠されているようだ。

ヒロミ“FA宣言”に伊代「ウチにはそんな権利はない」
三船美佳「高橋に会えて幸せ」2007 夫婦の日 
ナイス・カップル大賞三船美佳、「第2子も欲しい。夫に頑張って欲しい」
posted by ぴかまま at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | いい夫婦の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。