2010年09月06日

真木よう子(女優)

真木よう子(女優)
2010年8月7日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●ファン垂涎の入浴シーンで…

 ファンはこの日を待ち望んでいたのではないか。NHK大河ドラマ「龍馬伝」でお龍を演じる真木が、いよいよ今週末(8日)、入浴シーンに挑戦する。

 場面は、龍馬を語る上で外せない寺田屋事件。龍馬を捕縛するため幕府側の使者が寺田屋を包囲した時に、入浴中のお龍がその気配を察知し、素っ裸のまま風呂を飛び出して龍馬に危機を知らせる有名なエピソードがある。

 撮影は7月初旬。撮影を一目見ようと、香川照之、大泉洋、武田鉄矢らも押しかけた。若いADは撮影終了後、しばらく立ち上がれなかったという。“真木お龍”の最大のクライマックスシーンなのだ。

 真木は「龍馬伝」第2部から登場したが、正直言うとこれまでの評判はイマイチ。特に歴史上の女性・お龍のイメージから程遠いと、歴史ファンから批判が強い。お龍は“龍馬の女版”といわれるほど明るく朗らかで、龍馬から「面白い女」と絶賛されていた。だが“真木お龍”は華がなく、表情が暗くて硬い。

 1982年、千葉県印西市出身。4人きょうだいで、兄、2人の弟がいる。小学生の時に安達祐実主演の「REX 恐竜物語」を見て、「映画に出たい」と一念発起。中学卒業後、仲代達矢主宰の「無名塾」に入塾した。1年目にして「どん底」の重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢され、仲代から才能を絶賛された。だが、合宿で日課となっている持久走を早い時間に済ませて先に集合場所で待っていた時に、仲代からサボリととがめられ、ケンカして退塾になった。

 その後、上京して友達の家に居候し、スーパーのレジやウエートレスのバイトをしながら女優を目指す。01年映画「DRUG」でデビュー、03年「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」や05年「パッチギ!」で注目され、05年「THE JUON」でハリウッド進出。06年の主演映画「ベロニカは死ぬことにした」で初ヌードを披露した。重いテーマの映画だが、たわわなGカップをあらわにした渾身(こんしん)のオ○ニーシーンで男性をとりこにした。


●あとは“華”だけ

 07年発売の写真集「月刊真木よう子」は1週間で完売。脱ぎっぷりの良さと、生ツバごっくんのセクシーボディーで人気沸騰したが、08年に一般男性とデキ婚して、長女出産。ファンはかなりがっかりしたが、今でもヘアヌード写真集を期待されている女優の最右翼といわれている。

 セクシー女優といわれているが、演技力も評価されている。06年「ゆれる」で第18回山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞。08年オムニバス連続ドラマ「週刊真木よう子」(テレビ東京)で総合演出した大根仁監督から「昭和のにおいがする」と、女優魂を絶賛された。だが、いまひとつ足りない感が付きまとう。

「演技力は平均程度あるが、結局のところ“華”がないので、主演を張れるか非常に微妙。当面はGカップで生き延びて、本当にいい演技のできる作品を模索しているのではないか」(映画関係者)

 主演クラスとしてブレークするかどうかはこれから。その前に「龍馬伝」で入浴シーンをはじめ、生ツバものの妖艶(ようえん)シーンが続出! 今後も初夜シーンや新婚旅行の混浴シーンと、エロス爆裂の“真木お龍”で視聴率も大アップ間違いなし!

日刊ゲンダイ2010年8月4日掲載)

ドラマをヒットさせる女優 ダメにする女優
龍馬ブームに陰り 低視聴率にあえぐ大河ドラマ
NHKに聞いてみた!!「龍馬伝」真木よう子はどこまで脱ぐ?

福山雅治、『龍馬伝』寺田屋騒動で“瀕死”演技初挑戦
posted by ぴかまま at 04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』

2010年06月11日

福山雅治、『龍馬伝』終了まで「毎日カウントダウン」

福山雅治、『龍馬伝』終了まで「毎日カウントダウン」
2010年6月10日(木)10時0分配信 オリコン

 俳優で歌手の福山雅治が、11日(金)に放送されるV6・井ノ原快彦らが司会を務めるNHK朝の情報番組『あさイチ』のプレミアトークにゲスト出演する。

“福山龍馬”が定着した同局の大河ドラマ『龍馬伝』について福山は「龍馬役を演じるのは一生に一度のことなので、毎日毎日カウントダウンで終わりに近づいていることがもったいない、と思いながら過ごしています」と充実の撮影現場での複雑な心境を語っている。

 井ノ原と有働由美子アナ、柳澤秀夫解説委員が初めてスタジオを飛び出し、『龍馬伝』撮影現場となる長崎・グラバー園を訪ねて、福山とトークを展開。すでに自身の代表作となった龍馬との共通点や肉体作りといった話題を交え、福山は「龍馬役を終わりたくない、というのはずいぶん前から思っています」と思いを語る。

 また、40歳を過ぎて思う故郷・長崎への想いや、昨年行った長崎・稲佐山でのコンサートについても触れている。プライベート話にも花を咲かせ、自身の幼少期は「超常現象をすごく信じていました」や、「炊事・洗濯が好きな人がいいですね」と結婚観について井ノ原らと語る場面もみられた。

 今春からスタートした『あさイチ』(NHK総合午前8時15分〜)は毎週月曜から金曜まで放送。金曜日のみ、大物ゲストを招いてプレミアトークを行う。

“きれいすぎる嫁・喜勢”マイコ、実生活でも結婚相手は「龍馬より弥太郎」希望
大河ドラマ「龍馬伝」の主題歌を歌う歌姫・リサが龍馬に共感!

★★★

注目のAKB総選挙で“政権交代”した理由
綾瀬・大沢! 熱愛報道の裏

【ドラマの見どころ!】NHKから引っぱって来たムダに豪華なゲストのおかげで“影が薄い”阿部寛と黒木メイサ。『新参者
タクシー追突事故の藤本美貴が謝罪コメント
posted by ぴかまま at 05:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』

2010年04月28日

大河ドラマ『龍馬伝』 オヤジ達が待ち望むあのシーンは…

大河ドラマ『龍馬伝』 オヤジ達が待ち望むあのシーンは…
2010年4月27日(火)21時0分配信 リアルライブ

 NHK大河ドラマ『龍馬伝』がなかなか好調だ。

その理由は福山雅治演じるイケメン龍馬をこれでもかとアピールしていることにあるという。

これで新しく歴史に興味を持った女性層がメロメロになっているとのこと。ただ、面白くないのが男性視聴者。「カッコいい龍馬で、女性のハートをキャッチするのもいいけど、俺達のハートもキャッチしてくれ!」との声が聞こえてくる。

 ただ、そこは天下の公共放送NHK。そんな男性たちのためのシーンも今後、しっかり用意している。男性陣のためにNHKが放った刺客が真木よう子だ。彼女は今回、龍馬の妻であるおりょうを演じる。
 
 待望のシーンは寺田屋で龍馬が襲撃を受けるシーン。入浴中のおりょうが、裸で龍馬の部屋へ行き、緊急事態を伝えるというもの。幕末ファンなら誰もが知っている場面であり、NHKがこのシーンで手を抜いたら、それこそ笑いモノになる。「NHKなので乳首は無理でも、入浴シーンでおっぱいがプルンプルンしているとこと、階段を駆け上がる後姿の半ケツは少なくとも期待したいですね」(芸能ライター)
 
 真木よう子のダイナマイトボディはすでに周知のことであるが、そんな彼女、いまは人妻でもあり、母でもある。より一層、そのボディが熟々と光輝いていることは間違いないであろう。男性視聴者は今から期待しても決して損はないはずでは!?

【ドラマの見どころ!】 美男づくめの『龍馬伝』

真木よう子、“福山龍馬”との夫婦役に「すいません」と恐縮
posted by ぴかまま at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』

2008年11月07日

福山雅治、大河ドラマ「龍馬伝」に大抜擢の舞台裏

福山雅治、大河ドラマ「龍馬伝」に大抜擢の舞台裏
2008年11月7日(金)17時0分配信 夕刊フジ

福山雅治

 NHKの2010年の大河ドラマ龍馬伝」の主人公・坂本龍馬役に、歌手で俳優の福山雅治(39)が決まった。週刊誌などの下馬評ではSMAP・木村拓哉(35)や織田裕二(40)の名も取りざたされていた大役に、時代劇経験ゼロの福山が大抜擢された決め手は何だったのか。

 「龍馬伝」は、福山主演のドラマ「ガリレオ」や映画「容疑者Xの献身」の脚本家、福田靖氏のオリジナル作。

福田氏は「HERO」「CHANGE」といった木村主演のドラマも手がけた。

 週刊誌など一部報道では、龍馬役に一時、木村や織田が有力視され、とくに木村は「テレビから映画にシフトしたがっているため出演を辞退した」とまことしやかな噂まで流れた。

 しかし、鈴木圭チーフプロデューサー(CP)は「一切浮気はしてません。昨年の暮れから一心にラブコールを送ってきました」と、福山への一途な思いを強調。

 「龍馬は、同じところにとどまらず、進化し続けた人物というイメージがある。福山さんは俳優さんとして成長期で、これからが旬の人と思い、迷わず交渉しました」

 最初は「ホントに僕でいいんですか?」と驚いていたという福山は、龍馬関連の書籍を読んで猛勉強し、10月末に快諾。「剣術の練習をしたい」と燃えているという。

 鈴木CPは「会ってみると、福山さんは思ったより男っぽい。お茶の間に見せていない要素を出したい」と語る。“幕末モノは当たらない”というジンクスを破った「篤姫」の次の次は?

福山雅治がNHK大河ドラマ主演!…10年「龍馬伝」

再来年大河、福山龍馬…悩みに悩んで決断
2008年11月7日(金)8時0分配信 サンケイスポーツ

 歌手兼俳優、福山雅治(39)が2010年のNHK大河ドラマ龍馬伝」の主役・坂本龍馬に決まり6日、発表された。熱狂的ファンが多い歴史上の人物だけに、「ボクでいいんですか?」と迷いながらも、制作サイドの1年に及ぶラブコールに応えた。当たり役となったフジテレビ系「ガリレオ」の天才物理学者から一転、幕末を駆け抜けた熱い男を演じる。

 クールで知的な学者役がハマったドラマ「ガリレオ」の映画化「容疑者Xの献身」が動員300万人・興収38億円を突破し、プロデュースしたKOH+が歌う主題歌「最愛」も大ヒット。そんな、今をときめくスターを獲得した鈴木圭チーフ・プロデューサーは「ここで福山さんの名前を発表できてうれしい」と興奮を隠さず、口にした。

 同氏は題材が決まった約1年前、出演交渉を開始。だが、福山側は、1年という長丁場の撮影に加え、周囲の期待感の高さへの不安などから、出演を躊躇したという。

 「龍馬は33歳で亡くなるまで、前進し進化し続けた人。福山さんはそのイメージにぴったり。俳優としても成長期で、これからが旬の人だと強く思った」とほれ込んだ鈴木氏らが粘り強く交渉を続け、発表ギリギリの10月下旬に正式OKをもらった。「決め手はしつこさ」と笑った同氏だが、龍馬が薩長同盟に尽力し、海援隊を結成した地、長崎が福山の故郷だったことも要因となったようだ。

 「龍馬伝」は「ガリレオ」の福田靖氏のオリジナル脚本。龍馬と同じ土佐藩出身で、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎の目線から、時代を駆け抜けた龍馬の姿を描く。

 来年デビュー20周年を迎える多忙な時期にもかかわらず、福山は龍馬に関する書物を読みあさり、「1日も早く剣術の練習をしたい」と心はやらせる。NHKドラマは意外にも初。「これから1年かけて十分な準備をし、2010年という時代だからこそ、このスタッフだからこそ表現できる『坂本龍馬』を作り上げてみたい」とコメントを寄せた。

 来年の大河「天地人」は、やはりNHKドラマ初出演の妻夫木聡(27)が主人公・直江兼続を演じる

「天地人」の重圧に押し潰されそうな妻夫木聡

2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」 主演は福山雅治か

posted by ぴかまま at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』

福山雅治がNHK大河ドラマ主演!…10年「龍馬伝」

福山雅治がNHK大河ドラマ主演!…10年「龍馬伝」11月6日16時8分配信 スポーツ報知

 NHKは6日、2010年の大河ドラマ龍馬伝」の主役に歌手・俳優の福山雅治(39)を起用すると発表した。

 33年の生涯を勇ましく駆け抜けた幕末の風雲児を、当代随一の人気者が演じる。

大河はもちろんのこと、NHKドラマに初出演となる福山は「驚きとプレッシャーとともに大変光栄に感じております。さまざまな作品を通じて普遍的なヒーローとしてのイメージを持たれている坂本龍馬ですが、これから1年をかけて十分な準備をし、作り上げてみたいと思います。我々の挑戦にご期待下さい」と話している。

 来年8月にクランクイン。2010年1月から放送を開始する。

2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」 主演は福山雅治か

2010年度の大河ドラマは『龍馬伝』に決定! 主役は「“大人”の俳優に・・・」6月5日

続きを読む
posted by ぴかまま at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK大河ドラマ『龍馬伝』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。